「極限デビュー野生ドル」で、志願者たちがボーカルミッションを進行する中で困難にぶつかった。

4日午後9時に放送されるMBCサバイバルオーディション番組「極限デビュー野生ドル」では、志願者たちがラップとボーカルミッションを1:1バトルで進行する姿が描かれる。

この日の放送では、新しくラッププロとしてウギ、pH-1、リルボーイが出演し、ボーカルプロとして「SUPER JUNIOR」キュヒョン、「B1A4」サンドゥル、「MAMAMOO」ソラが特別応援を繰り広げる。 志願者たちは「レジェンド」アーティストたちの登場に「言葉にならない」と、口を開けたまま驚いた。

志願者たちは、歴代級プロたちの出演に喜んでいたのも束の間、ボーカルミッションで困難を経験する。 中間試験を行ったボーカルプロたちが、心配と残念が混ざった審査評をしたためだ。

ソラは「これはむしろマイナス」と改善点を鋭く指摘し、サンドゥルも練習時間があまり残っていない状況で「曲を変えなければならない」と慎重にミッション曲の変更を提案した。

特にキュヒョンはあるチームの歌を聞いた後、「大変なことになってるよ?どうするの」と、志願者の緊張感を高めた。志願者たちが、この難関を乗り越えて各プロからの好評を引き出すことができるか注目が集まっている。

「リアルサバイバル」を描いた「野生ドル」は、毎週木曜日午後9時に放送される。