ミスティックストーリーの初のガールグループ「Billlie」が、デビュー曲に対する関心を高めている。

「Billlie」は6日に公式SNSとYoutubeを通じて、初のミニアルバム「the Billage of perception : chapter one」のタイトル曲「RING X RING」ミュージックビデオティーザー映像を公開した。

該当の映像では、「Billlie」メンバー個人の姿と完全体のパフォーマンスが交差している。「Billlie」は華麗な照明を受け、高難易度のダンスを繰り広げ、神秘的な空間で幻想的な眼差しを見せている。最高のディレクターと言われるファン・スア監督が演出を担っており、感覚的な映像美も見どころだ。

正反対の魅力を予告する「Billlie」は、精錬されたスタイリングと一緒に眩しいビジュアルを見せ、視線を集めた。ここにパワフルな群舞と一味違ったダンスを見せて感嘆を呼んでいる。

タイトル曲「RING X RING」は、ある街で起きたことを取り巻くミステリーな物語が込められている。「Billlie」が見せる世界観の始まりの曲で、ヒットメーカーたちが参加している。

「Billlie」のデビューアルバムは作詞家のキム・イナ、作曲家のイ・ミンスからチョ・ヨンチョル代表、ファン・スア監督までいわゆる「IU師団」と呼ばれる最高の興行軍団が行っている。