歌手兼俳優のイ・ジフンの妻アヤネさんが悪質なコメントに対する心境を伝えた。

アヤネさんは6日、自身のインスタグラムを通じて「いよいよ明日エクスカリバーの公演が終わり、いよいよ明後日#結婚式です。ドキドキ…準備で今も忙しいですが、髪を染めながら文章を書いています。(#芸能人の方々はご存知ですよね…数日前になるとすべて終わらせたような準備がまた直前まで終わらないあの状況)」とし、結婚式を2日後に控えた近況を伝えた。

そしてアヤネさんは、「そして私は悪質なコメントされても全然大丈夫ですが、ジフンさん、お母さんとお父さん、韓国の家族が心を痛めている」と話した。アヤネさんは「私が辛いのは大丈夫ですが、私の家族が辛いのは我慢できません。悲しいです。コメントを書いてくださる時に1度、私の家族のことを考えて書いていただければ本当にありがたいです。私に対して悪い話をしたい時はDMで送ってください」と話した。

これに先立ちアヤネさんは自身のインスタグラムのコメント欄に「いい環境に恵まれているのにそれがわかっていない。若いこと以外にいいことがない。男がもったいない。」という悪質なコメントが書き込まれると、「そうだ。若いことしかないので、足りない部分はいつも埋めている。私は誰かがもったいなくないかどうか、判断する基準はないと思う。一人一人みんなが大切だ」と直接答えた。

一方、イ・ジフンは4月に14歳年下の日本人のアヤネさんとの結婚を正式に発表し、すでに婚姻届を出している。結婚式は新型コロナウイルスの流行により延期し、8日に式を挙げる。