ボーイズグループ「WINNER」のソン・ミノとカン・スンユン初のソロコンサートにマルチビュー機能が導入される。

 ソン・ミノは今月19日、カン・スンユンは21日に、ソウル芳夷洞(バンイドン)オリンピックホールにてソロコンサートをそれぞれオン・オフラインで同時開催する。新型コロナの防疫指針に従って、距離を空けた座席制が適用され、オフラインチケットは前売りが始まるやいなや、あっという間に完売し、その熱気を伺わせた。

 オンライン観覧券も大人気だ。YGエンターテイメントは、初めてオンラインコンサート観覧にマルチビュー機能を加えることを決め、ファンたちの視覚的満足度を一層強くする予定だ。マルチビューは、ソロコンサートでは多くない事例だ。

 YG側は、「マルチビューは1つのメイン画面、2つのコンセプト画面の計3つから構成される」とし、「これを実現するために使われるカメラは10台以上だ。すべての選択肢の中から最適な画面だけを選別して送出する計画」と説明した。

 これに合わせてYGは、これまで培ってきたコンサートの制作ノウハウを生かして、オフラインに劣らないダイナミックな熱気と躍動感を最大化することができるように、サウンドにも力を入れている。音源の損失を最小化するために色々な環境で多角的にモニタリング中だ。ライブバンドが合流して全曲のアレンジを担当しただけにその響きは倍になると予想される。