韓国俳優チャン・ギヨンが、先輩俳優ソン・ヘギョを『ケプチャン(素晴らしい、最高という若者言葉)』と表現した。

11月9日の午後、SBSの新しい金土ドラマ「今、別れの途中です」(今、別れている最中です)のオンライン制作発表会には、イ・ギルボク監督、ソン・ヘギョ、チャン・ギヨン、キム・ジュホン、チェ・ヒソ、パク・ヒョジュ、ユン・ナムらが出席した。

この日、チャン・ギヨンはメロドラマの呼吸を合わせるソン・ヘギョに対して「ソン・ヘギョさんが私の隣にいることがいまだに不思議です。カメラの前で一緒に並んでるなんてもっと不思議です」と話した。

つづいて「初撮影の時はものすごく緊張して震えましたが、とても気を配ってくださいました。目を見れば自然と集中させてくれる力がありました」とし「ふざけたりして気楽な会話をするときは、仲の良い姉のようにしてくださるのに、カメラが回ると、いきなりハ・ヨンウンになるんですよ。さすがソン・ヘギョ。最高です」と共演した感想を伝えた。

ソン・ヘギョは、チャン・ギヨンに対して「チャン・ギヨンさんがあまりにも礼儀正しく優しくて、私とPDがどんな話をしていてもよく聞いていて、うまくやろうというそんな姿が健康的だった」とし、「初撮影は釜山でした。演技しながら歩いてくるんですが、ユン・ジェククそのものだった。姿もユン・ジェグクなだけでなく、最初のセリフがあるんですが、その低い声がまさに私が考えていたユン・ジェグクの声だったんで、これから息を合わせてやって行こうと思った。準備もたくさんしてきたし、一生懸命頑張って撮影した」と後輩のチャン・ギヨンを称賛した。

「今、別れの途中です」は「別れ」と書いて「愛」と読む、甘くてしょっぱくて辛くて酸っぱくて苦い別れのアクチュアリー。来たる12日金曜日午後10時から初放送される。