「BTS」(防弾少年団)が日本の若い層を対象に行った「最近の流行」に関する調査で、上位を占め、熱い人気を改めて立証した。

9日、日本のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は日本全国の15歳から24歳(Z世代)の男女を対象に実施した「最近の流行」に関する調査の結果を発表した。

1位は最近、韓国国内でも人気を得ている漫画「東京リベンジャーズ」で、2位はTikTok、3位は新型コロナウイルス感染症であった。続いて「BTS」が日本の人気アイドルグループを向いて4位を記録し、注目を集めた。特に1位から30位ではK-POPグループが「BTS」のみであるという点で「BTS」の人気を改めて実感することができる。

一方「BTS」は、今月27日から28日、12月1日から2日まで米ロサンゼルスで約2年ぶりのオフラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」を開催しファンと会う計画である。