Netflix新シリーズ「地獄が呼んでいる」、ユ・アインからヤン・イクジュンまで爆発的熱演を予告するキャラクタースチール公開

ドラマ「地獄が呼んでいる」が破格的な設定にリアル感を吹き込んだユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクジュンのキャラクタースチールを公開した。

「地獄が呼んでいる」は予告なく登場した地獄の使者たちに人々が地獄行きの宣告を受ける超自然的な現象が発生し、この混乱に乗じて復興した宗教団体「新真理会」と事件の実態を明らかにしようとする人々が絡んで起こる物語を描いた動画サービスNetflix(ネットフリックス)のシリーズ。

公開されたスチールは天災地変のように突然襲ってきた超自然的な現象で混乱や激変を迎えた人々の、さまざまな感情や状況が盛り込まれている。まずユ・アインが「俗に考えるえせ教主ではない。キャラクターの特異点を想像し話し合いながら練り上げていった」という「新真理会」の議長チョン・ジンスの内心が分からない様子が目を引く。ソウルど真ん中で地獄行きのデモンストレーションが起こる前から天使と地獄の使者たちの存在を説いてきたチョン・ジンス。ずっと以前から地獄行きのデモンストレーションの実体を追ってきた彼が隠しているものは何なのだろうか。

ヨン・サンホ監督が「我々が見た姿ではなく違うイメージを見せようとした。集中力とエネルギーがケタ外れだった」と感嘆したキム・ヒョンジュは、猛烈に勢力を広げていく「新真理会」に立ち向かうミン・ヘジン弁護士として緊張感を募らせる。瞬間ごとに「自らに生と死に対する原初的な質問を投げかけ、キャラクターに溶け込ませた」というキム・ヒョンジュは、どんな瞬間にも強烈なまなざしを失わないしっかりとした姿で、修羅場に変わっていく世の中を正すために孤軍奮闘する彼女の活躍を期待させる。

ペ・ヨンジェ(パク・ジョンミン)やソン・ソヒョン(ウォン・ジナ)のスチールは、超自然的な現実に崩壊した世の中で生きていく家族の物語を予告し、興味を刺激する。「新真理会」を忌まわしく思うが彼らのためにドキュメンタリーを制作していたペ・ヨンジェプロデューサーは、家族に地獄行きの告知が下されると「新真理会」を暴き始める。ペ・ヨンジェの妻であるソン・ソヒョンは免れがたい絶望に陥るが、大切な人々を守るために必死に変わっていく。深刻な表情のペ・ヨンジェと子どもを胸にしっかりと抱いたソン・ソヒョン、2人を待つ試練と彼らが目撃した真実は何なのか、緊張感が増している。ヨン・サンホ監督は「ひとつのキャラクターを演出する能力も優れているが、全体的なストーリーで自身が務めるキャラクターがどんな役割であるべきかを正確に把握している俳優。この作品の大きな調整を担う人物として役割を果たせる俳優はパク・ジョンミンしかいないと思った」、「ウォン・ジナはさまざまな“間”を持っている俳優」だと伝え、2人が披露する爆発的なシナジー効果に期待を膨らませた。

地獄行きのデモンストレーションを捜査する担当刑事のジン・ギョンフンに扮したヤン・イクジュンは、混乱に陥った世の中から娘を守るために努める父性愛と、警察としての信念を同時に披露する予定。「ヤン・イクジュンは噴出する感情ではない内面に感情を含んだ演技に長けている。ジン・ギョンフンに必要なのはそんな部分だった」というヨン・サンホ監督の言葉のように、冷静さを失わず、一瞬爆発させるヤン・イクジュンの密度の高い感情演技が没入感を引き上げる。互いへの疑心や不信、恐れが大きくなる混乱した社会で各キャラクターはそれぞれの信念と選択を示し、全世界の視聴者たちにさまざまな思いを抱かせるだろう。

ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクジュンのキャラクタースチールを公開し、作品に対する好奇心を高めている「地獄が呼んでいる」は今月19日に独占でNetflixを通じて全世界に公開される。