俳優オム・ギジュンを中心に「ヤジャタイム(年齢関係なく敬語を使わずに会話をする時間)」が行われた。

9日午後に放送されたケーブルチャンネルtvNではオム・ギジュン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフン、ハ・ドグォン、オン・ジュワン、キム・ドンギュが最高のチームワークを披露した。

同日、出演陣は自分で作った夕食を食べながら、大変だった一日を振り返った。 キム・ドンギュはフォークリフトまで登場すると「28年人生最大の山場」と表現した。 ユン・ジョンフンはその場面を思い浮かべ、「ドンギュに同情する。どんな感じなのか分かる気がする。 言葉では良くて楽だと言うだろう」と同じ末っ子として共感を示した。

ただ「よかった」というキム・ドンギュへの懐柔が始まった。 ハ・ドグォン、オン・ジュワンの「大きな感情ではなく、少しずつこみ上がってくる感情があるはずだ」、「最近の放送は正直でなければならない」という説得に、キム・ドンギュは「先輩たちとは年が離れているので、慎重にしている」と答えた。

ポン・テギュとハ・ドグォンは「ヤジャタイム」を提案した。 オム・ギジュンは「やめろ。僕がやると思うか。ポン・テギュが僕の立場ならできるのか」と冗談交じりに言った。

結局、じゃんけんで合意が成立し、「15秒ヤジャタイム」が始まった。 まずユン・ジョンフンが「おい、ポン・テギュ!」とスタートを切ると、ポン・テギュも「オム・ギジュン!」と大声で笑った。 オン・ジュワンは「静かにしろこのXX」、ポン・テギュはハ・ドグォンに「お前笑えるのか」と挑発したりもした。

キム・ドンギュはためらったが、ユン・ジョンフンに「さっきなぜ僕に怒ったんだ?」と聞き、「ヤジャタイム」を締めくくった。 続いて、恥ずかしそうにお辞儀で謝り、面白さを加えた。

ポン・テギュが「ドンギュはジョンフンを甘く見ているようだ」とからかうと、キム・ドンギュは「一番末っ子だからだ」と戸惑った。