韓国ボーイズグループ「2PM」チャンソンが、軍除隊後の初作品として「ショーウィンドウ:女王の家」を選んだ理由と覚悟を伝えた。

チャンソンが、29日に初放送されるチャンネルA 10周年特別企画月火ドラマ「ショーウィンドウ:女王の家」で芸能界に復帰する。 「ショーウィンドウ:女王の家」は、チャンソンが軍除隊後久しぶりに演技現場に復帰する作品として注目されている。

チャンソンは、劇中ハン・ソンジュ(ソン・ユナ)の弟ハン・ジョンウォン役を演じる。ハン・ジョンウォンは、寛大な家の中で穏やかな性格に育ったが、人知れず辛さを胸に秘めた人物だ。ハン・ソンジュとは、その辛さをも分かち合う兄弟だ。

チャンソンは、姉として共演するハン・ソンジュ役のソン・ユナのために出演を決心したとして注目を集めた。チャンソンは、「好きな監督、作家とソン・ユナ、イ・ソンジェがきっかけで『やらないとだめだ』という気がした」と「ショーウィンドウ:女王の家」を選択したきっかけを明らかにした。また「そして台本が本当に面白かった」と付け加え、ドラマストーリーに対する期待感も高めた。

これに関連してチャンソンは、「軍除隊後に初めて演技する作品だけに、上手くやりたいという欲がある。個人的には作品を見ている視聴者の方々が、チャンソンではなくハン・ジョンウォンを覚えて愛していただきたい。キャラクターの影になって作品が上手く完成するよう努力する」と覚悟を明らかにした。

一方、チャンネルA 10周年特別企画月火ドラマ「ショーウィンド:女王の家」は、夫の女であるとは思わずに不倫を応援したある女の話を描く謎のメロドラマで、11月29日月曜日午後10時30分に初放送される。