マーベル映画「エターナルズ」(監督/クロエ・ジャオ)が公開10日の11月12日、累積観客数200万人を突破し、今年韓国で公開された映画全体で最短期間200万達成記録を更新した。

12日、映画振興委員会の映画館入場券統合計算網集計結果によると、「エターナルズ」はこの日の午前9時45分の段階で累積観客数200万2488人を動員した。これは以前、今年最高の外国映画興行作品だったマーベルの前作「ブラック・ウィドウ」の同時期成績よりもはるかに高い数値で、今年公開された作品の中で最も速い興行推移を記録していて、注目を集めている。

「ブラック・ウィドウ」が達成した今年公開された映画全体の最短期間200万達成記録(12日)も塗り替えてしまった。現在もいまだに前売り率の熱気が冷めていないので、公開2週目の週末スコアにも期待が集まっている。

マーベルスタジオのフェーズ4世界観映画「エターナルズ」は、何千年にもわたってその姿を明らかにせずに生きてきた不滅のヒーローたちが「アベンジャーズ:エンドゲーム」以降、人類の最も古い敵「ディヴィアンツ」に立ち向かうために再び力を合わせながら広がる物語を描いた映画だ。ハリウッドを代表する俳優アンジェリーナ・ジョリーを筆頭に、HBO人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのリチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、サルマ・ハエック、ジェンマ・チャンなど、名だたる俳優たちが総動員して話題を集めた。

ここに「新感染ファイナル・エクスプレス」、「犯罪都市」、「神と共に」シリーズなどで韓国大衆に愛されている俳優マ・ドンソクが「ギルガメッシュ」役で合流し、さらに注目を集めた。韓国の俳優がマーベル映画のキャラクターとして合流したのはスヒョン以降、マ・ドンソクが二番目だが、ヒーローとしてはマ・ドンソクが初めてなので、より大きな反応を呼んでいる。

また「ノマドランド」で第93回アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞したクロエ・ジャオが演出を引き受けた。