「B1A4」サンドゥルが11月11日(木)に入隊したが、入隊前、サバイバルオーディション「極限デビュー野生ドル」(MBC)の撮影に参加。その模様が8話(11月4日)と9話(11月11日)の2週にわたって放送された。

サンドゥルは、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、ソラ(MAMAMOO)と共に、ボーカルの“プロ”として登場。ポジション争奪戦の1対1ボーカルバトルの評価をしにやって来たのだ。これまでと同様、“プロ”は自分たちで進行をしながら評価もしていく方式だが、キュヒョンがいたので抜群に安定感のある進行だった。

そして、評価でも3人の“プロ”は勝者を決めるだけでなく、“野生ドル”たちの良いところは褒めるが、弱点も鋭く指摘するなど、より良いボーカルになれるよう細かくアドバイス。アイドルの先輩としての温かい優しさが感じられた。

中でも、印象的だったのがサンドゥルだ。爽やかな笑顔のイメージがあるだけに、険しい表情を見ることはなかなかない。中間チェックで、自分たちが選んだ曲を練習するパン・テフン、クォン・ヒョンソクにリズムが合っていないから、曲を変えるべきだと言ったときだ。これは以前、ボーカルの“プロ”としてこの場を訪れたソンギュ(INFINITE)もそうだったのだが、中間チェックで厳しいことを言おうとするとき、表情がキュッと変わるのだ。それだけ真剣に向き合っているということだろう。

また、ユン・ジュンヒョプvsソ・ソンヒョクの対決では勝者を決めるとき、サンドゥルは中間チェックをした30分前より、より良くなっていたユン・ジュンヒョプに票を入れたり、メインボーカル同士のビッグマッチ、イ・ジェオクvsイム・ジュアンの対決では「こういうことは初めてですが、1小節を聴いて心変わりしました」とし、鳥肌が立ち、誰かに殴られているかのような感覚になりながら、息ができないぐらいすごく良かったというイ・ジェオクに票を入れたり。結局、キュヒョンとソラが票を入れたイム・ジュアンの勝利となったが、サンドゥルは自分なりの評価基準で、判定をしていた。

入隊により、サンドゥルの活動はしばらくないが、今回“野生ドル”たちの評価をする姿を通して、「B1A4」のメインボーカルとしての威厳を改めて見たような気がする。

なお、この「極限デビュー野生ドル」は回が増すごとに、視聴率は下降線をたどる一方だが、それに反比例するかのように“プロ”たちがどんどん豪華になっていく。8話では、ボーカルの“プロ”のキュヒョン、ソラ、サンドゥルに加え、ラップの“プロ”として、「SHOW ME THE MONEY 9」の優勝者Lil Boi、「高等ラッパー4」(共にMnet)のメンターとしても活躍したpH-1とWOOGIEの3人も登場。

さらに9話では、引き続きキュヒョン、ソラ、サンドゥルのほか、体力ミッションに格闘家でタレントのキム・ドンヒョン、表現力のミッションにチョ・グォン(2AM)、ジヨン(T-ARA)、スンヒ(OH MY GIRL)が登場したのだ。

ちなみに、スタジオパネラーのソンギュはチョ・グォンの姿が見えると「僕の友達だ」と嬉しそうにしたが、チョ・グォンがソンギュに似ていると話題の“野生ドル”イ・チャンソンに対し、ヘンリー(SUPER JUNIOR M)にも見えるし、ウヨン(2PM)にも見えると話し、肝心な自分(ソンギュ)に触れなかったので、少し残念そうに苦笑い(⁉)する場面も。

ともかく、“野生ドル”より、“プロ”の派手さの方が目立っており、視聴率アップを狙ってのことなのか、これだけ豪華アイドルたちを揃えたが、9話は視聴率0.4%という自己最低記録を更新してしまった。現在、“野生ドル”は15人。ここからデビューメンバー7人に絞られるまで、まだまだ道のりは続く。