※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

12日に放送されたSBSドラマ「今、別れの途中です」1話(6.4%)は、ヨンウン(ソン・ヘギョ)とジェグク(チャン・ギヨン)の出会いの様子が描かれた。

 華麗な花火が打ち上げられるプサン(釜山)の夜、ヨンウンがある男と一夜をともにした。男はフランス語で彼女に名前を尋ねたが、ヨンウンは答えずに消えた。ヨンウンは一夜の過ちを後にしたまま、忙しい日常に戻った。

ファッション会社「ザ・ワン」のトップブランド「ソノ」のデザインチーム長、ヨンウンの暮らしは一瞬も休まずに過ぎ去った。フランスの有名デザイナー、オリビエとのコラボのために慌ただしく働き、友人であり上司でもあるチスク(チェ・ヒソ)の世話をするため、一日中何も食べられず走り回らなければならなかった。

 しかし仕事はこじれてばかりいた。急いでヨンウンは、チスクの代わりにチスクの父親が準備した場に出席し、そこでジェグクに出会った。ジェグクはヨンウンに好奇心を抱いた。しかしヨンウンは「インパクトのない出会いね」と背を向けた。その時ヨンウンに急きょフォトグラファーが必要になり、仕方なくジェグクに助けを求めた。

 ジェグクは、オリビエがラブコールを送り続けている有名なフォトグラファーの「ミスター・ジェイ」だった。それを知らないヨンウンは、急な頼みに応じて高いクォリティーの写真まで撮ってくれたジェグクに驚いた。オリビエがヨンウンのデザインを見る前に、より多くの金額を提案した他の会社と契約したのだった。結局、ヨンウンは自分のデザインが入った写真を持ってオリビエのところに行った。

 オリビエとの対面で、ヨンウンのプライドが傷ついた瞬間、ジェグクが現れた。そこで初めてヨンウンはジェグクがミスター・ジェイだということを知ったのだった。ジェグクはヨンウンの腕をつかんで出てきた。ヨンウンは「ショーは終わったの。私は明日、ソウルに戻ります」と言い放った。しかしジェグクはあきらめないでいると、ヨンウンは「私はファン・チスクではありません」と言うと、ジェグクは「知ってます。ハ・ヨンウンさん」とヨンウンの名前を呼んだのだった。

 実はヨンウンが一夜をともにした男はジェグクだった。二人は恋に落ちるしかない運命だった。ヨンウンの名前を呼んで笑みを浮かべるジェグク、そんなジェグクをヨンウンもじと見つめた。