「T-ARA」が中毒性のあるポイント振付の一部を初公開した。

モバイルメディアチャンネルDingoと「T-ARA」は14日午前10時、メンバーたちの個人SNSを通じて、ニューアルバム「Re:T-ARA」のダブルタイトル曲の一つである「TIKI TAKA」のクリップ映像を公開。

公開された映像を見ると、メンバーたちは豪華な宮殿を思わせる背景で、女王のような華やかなオーラを発揮。特に、今回の映像では「TIKI TAKA」の音源と中毒性のあるポイント振付の一部が公開され、「T-ARA」のカムバックを待ってきたファンの期待感を最高潮に引き上げている。

同曲はサビの強いベースと中毒性のあるメロディーが印象的なナンバー。パフォーマンス制作にはMnet「STREET WOMAN FIGHTER」に出演し、人気を博したダンスクルー「LACHICA」が参加し、完成度の高いパフォーマンスを誕生させた。

今回のアルバムは4人体制となり、2017年に発表した「What’s My Name?」以来約4年ぶりの新譜でもある。よって再び歌謡界に旋風を起こす「T-ARA」の新しい音楽とステージに関心が集まっている。

「T-ARA」のニューアルバム「Re:T-ARA」は15日午後6時、各種音源サイトを通じてリリースされる。