<「チャン・オクチョン」OST、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「チャン・オクチョン」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「天国の階段」、「アイリス」などで女優として実績を積み時代劇初挑戦となったキム・テヒと、「結婚できない男」や「トキメキ☆成均館スキャンダル」で知名度を上げたユ・アインとの共演作。
朝鮮時代の王スクチョンと、実在したチャン・オクチョンとの話をドラマ化したもの。
韓服の仕立て屋の娘オクチョンは、身分の低い女性ながら世子の妃選びの際の洋服の仕立て係となる。世子スンが偶然城の外に出ていた際に手違いで採寸に来たオクチョンと出会うところからストーリーが始まる。

今日の1曲はイム・ジェボムが歌う「悲歌」。ドラマの序盤で使用される曲で、パンチ力のあるイム・ジェボムの歌声にドラマの注目度も高まった。恋の悲劇を歌う1曲。

<歌詞の解説>

※サビ「どれほど苦しめば この傷は癒されるのだろう 疲れ切った恋しさを遠ざけて どれだけ愛したら 私は抱きしめてもらえるのだろう 風のような記憶の腕の中に」曲の最初からサビという力強い歌い出しになっていて、チャン・オクチョンのつらい心情が表現されている。

「一日しか生きられなくても かまわない 手が届かないその場所に いられるのなら 心が壊れていく苦しみも 恋しさに震える涙も すべて忘れられるのに」低い身分のため制限されるオクチョンが、王のそばに行きたいと願う想いが伝わる。 

※サビのリピート

「もう二度と戻れないから 少しの思い出にもたれかかって 一日を過ごしていく 恋しさが募れば募るほど 悲しい最期が近づいてくるようで」ここでは王を愛しすぎて、引き裂かれる2人の様子が表現されているようだ。

※サビのリピート

「ため息のように ばらばらになって 引き留めることもできない 遠ざかる悲しいあなた」ここから最後のサビへ曲が盛り上がる。

「どれほど苦しめば この傷は癒されるのだろう 声がかれて 息もできない私 どれだけ振り回されたら 私は抱きしめてもらえるのだろう 風のような記憶の腕の中に さまよい続けて 苦しんで愛するだけ」イム・ジェボムが運命に翻弄されたチャン・オクチョンを見事に歌い上げている。

歌手イム・ジェボムは、1962年生まれ。1986年にバンドグループのメンバーとしてデビュー。韓国で一番古いヘビーメタルバンド出身といわれている。
これまで「スターの恋人」、「チュノ-推奴-」、「赤道の男」、「馬医」などでOSTを担当しており、時代劇でのOST参加が多い。パンチ力のあるハスキーな歌声は特徴がある。

<ネットユーザーの反応>

「曲を聞くとユ・アインが思い浮かぶ」
「イム・ジェボムの声は誰にもまねできない」
「曲の重みがあって迫力がある」
「声の切なさが何とも言えない」
「時代劇にピッタリな歌」

「チャン・オクチョン」ではキム・テヒ、ユ・アインの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。