韓国で放送予定のtvNドラマ「Bad and Crazy」イ・ドンウクが再び人生キャラクターの更新に出た。

「ハピネス」の後続として12月17日に初放送されるtvN新金土ドラマ「Bad and Crazy」(演出 ユ・ソンドン、脚本キム・セボム、制作Studio Dragon、ミンクエンターテイメント)側は16日、憎たらしさでさえも魅力的な出世思考結果主義の検事に扮したイ・ドンウクのキャラクターカットを初公開した。

ドラマ「Bad and Crazy」は、有能だが“悪い奴”であるスヨルが、正義感溢れる“変わった奴” Kに出会うことから人間性を回復していくヒーロードラマだ。イ・ドンウク、ウィ・ハジュン、ハン・ジウン、チャ・ハギョン等、独特な存在感を誇る個性派俳優軍団と「驚異的な噂」制作陣が出会い、これまでには見たことのない愉快で熱いヒーローものを見せていく。ここに前作のイメージを脱ぎ去り、クレイジーなやり取りを爆発させるイ・ドンウクとウィ・ハジュンの異色な演技変身も予告された。

イ・ドンウクは、出世思考結果主義の検事として活躍する。公開されたスチールの中では、図々しさと憎たらしさいっぱいの腐敗検事イ・ドンウクの様々な姿が興味を誘発させた。何か自身の気分を損ねる状況があればすぐに引き金でも引くように気難しくもなり、目の前の報酬が見える瞬間には急変する彼のギャップが好奇心を刺激する。

イ・ドンウクが扮するスヨルは、自身の私利私欲を埋めてくれる事にだけありとあらゆる丹念を注ぐ、この時代の合理化の達人だ。昇進のためならば良心の呵責を感じても余裕溢れる微笑みで自身の心の内を隠し、そこそこの不義にも目をつぶることができ誰よりも卓越した機転一つで緻密な生存競争から生き残っている。しかし、スヨルが富と名誉を手に入れる瞬間、正義感溢れるヘルメット男のK(ウィ・ハジュン)が登場し、彼の人生がこじれ始める。

このようにイ・ドンウクが気難しさすら魅力的な出世思考結果主義検事として強烈な変身を見せる程、彼が見せる演技に今から大きな期待が注がれている。そんな中でイ・ドンウクは「劇の中でスヨルは、主人公だけどもっぱらいい人ではなく、成功と昇進のためならどんな困難をも恐れない悪い奴です。僕がこれまで演じて来たキャラクターとは大分違うし視聴者の方々もまた、これまでに見ることのなかった個性と魅力を持った人物だと興味深く見てくださると思います」と説明し期待を高めた。

一方、tvN新金土ドラマ 「Bad and Crazy」はOCNドラマの歴史を書いた「驚異的な噂」の制作陣が再び意気投合した作品だ。 12月17日金曜日午後10時40分に初放送される。