韓国俳優シン・ヒョンスンがtvNの新ドラマ「流れ星」(脚本/チェ・ヨンウ、演出/イ・スヒョン)に出演する。

11月16日、所属事務所であるEarnestエンターテインメントは「『Netflixの申し子』と呼ばれ、恐ろしい勢いで上昇気流に乗っているライジングスター、シン・ヒョンスンが、tvNの新ドラマ『流れ星』に出演する」と明らかにした。

tvN「流れ星」は「STARたちのフンを片付ける様々な人々」という意味で、空に輝く星のようなスターたちの裏で、彼らを輝かせるために血、汗、涙を流す人々のリアルな現場の物語をロマンチックコメディーで描く。

イ・ソンギョン、キム・ヨンデ、イ・ジョンシン(CNBLUE)、ユン・ジョンフン、キム・ヨング(ハ・ドクォン)など華麗なベテラン俳優のラインナップが確定した中、シン・ヒョンスンは新人俳優ユン・ジェヒョンに扮する。

ユン・ジェヒョンは早くから俳優を夢見てきたスターフォース3年目の練習生で、デビュー前から『彼氏みたいな写真』で有名なほどのルックスと誠実な態度まで兼ね備えて、視聴者のハートを引き付ける。

シン・ヒョンスンは2020年カカオエンターテインメントが開催した新人俳優統合オーディション(kakaoMオーディション)で、5000倍の競争率を勝ち抜いて優勝し、華やかに芸能界デビューした。その後、今年2月のウェブドラマ「今日から契約恋愛」、6月の「ホント無理だから」を通して注目された。

シン・ヒョンスンは最近設立した新生企画会社Earnestエンターテインメントと専属契約を交わし、自分をデビューさせてくれたパク・チャンウ代表との義理を守った。