グループ「BTS(防弾少年団)」が米国大衆音楽授賞式「2021 アメリカン・ミュージック・アワード(2021 American Music Awards. AMA)」でコールドプレイと合同ステージを繰り広げる。

「アメリカン・ミュージック・アワード」は17日(以下現地時間)、公式SNSを通じて「BTS」とコールドプレイが授賞式でパフォーマンスを披露することを伝えた。

「BTS」とコールドプレイは今回の授賞式で9月24日にリリースしたコラボ曲「My Universe」のライブステージを繰り広げる予定だ。2015年の「Adventure Of a Lifetime」を熱唱して以来、6年ぶりに「アメリカン・ミュージック・アワード」のステージに再び立つコールドプレイの合同ステージのパートナーが「BTS」だという点で注目を集めている。

コールドプレイと「BTS」のコラボ曲「My Universe」はビルボードチャート(10月9日付)で「HOT100」1位を記録したのをはじめ、「ビルボードグローバル200」、「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」、「デジタルソングセールス」 でもすべてトップを占めた。

「BTS」は「2021 アメリカン・ミュージック・アワード」でコールドプレイだけでなく、「Butter」のリミックスバージョンのフィーチャリングに参加したメーガン・ザ・スタリオン(Megan Thee Stallion)とも合同ステージを披露する。

「BTS」は2018年から今年まで4年連続で「アメリカン・ミュージック・アワード」の受賞候補にノミネートされた。ことしはこの授賞式の対象である「Artist of the Year」をはじめ、「Favorite Pop Duo or Group」、「Favorite Pop Song / Butter」など3つの部門で世界的なミュージシャンと競合を繰り広げる。

一方、「2021 アメリカン・ミュージック・アワード」は今月21日午後8時、米国ロサンゼルスのマイクロソフトシアターで開催され、米国TVチャンネルABCを通じて生中継される予定だ。

「BTS」とコールドプレイ、メーガン・ザ・スタリオンのほか、バッド・バニー(Bad Bunny)、オリヴィア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)、「ニューキッズ・オン・ザ・ブロック」(New Kids On The Block)、「ニュー・エディション」(New Edition)などがパフォーマンスを披露する。