ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」の楽曲「Dynamite」のMVが再生回数13億回を記録した。

「BTS」が昨年8月21日にリリースしたデジタルシングル「Dynamite」のMVのYouTube再生回数が、19日午後10時51分頃13億回を突破した。これにより「Dynamite」は「BTS」のMVの中で、「DNA」や「Boy With Luv(Feat. Halsey)」に続いて、通算3本目の13億回を達成した。

「Dynamite」は軽快なディスコポップ(Disco Pop)ジャンルのナンバーで、新型コロナウイルスにより皆が困難な時期に希望のメッセージを伝えようとした「BTS」の願いが込められた“ヒーリングソング”。

「BTS」は「Dynamite」を通じて数多くの記録を作成した。アメリカ・ビルボードの「HOT100」チャートでは2週連続を含め、通算3回の首位に立ったのを含め、計32週間チャートインし、韓国歌手としては最長チャートインの記録を樹立した。ことし7月20日には世界最大の音楽ストリーミング会社Spotifyで、韓国アーティスト初の累積10億ストリーミングを突破した。また11月2日にはアメリカレコード協会(RIAA)から300万ユニット(units)以上販売された音源に与えられる“トリプルプラチナ”の認定を獲得したりもした。

一方、「BTS」は「Dynamite」を含め、計35本の“億単位”再生回数のMVを保有している。それぞれ13億回の「DNA」、「Boy With Luv(Feat. Halsey)」、「Dynamite」、10億回の「MIC Drop (Steve Aoki Remix)」、「FAKE LOVE」、「IDOL」、8億回の「Blood Sweat & Tears」、7億回の「FIRE」、それぞれ6億回を記録した「DOPE」、「Save ME」、「Butter」、5億回「Not Today」、各4億回の「Spring Day」、「‘ON’Kinetic Manifesto Film : Come Prima」、「Life Goes On」、各3億回を超えた「Boy In Luv」と「Black Swan」、「Permission to Dance」、2億回ずつの「War of Hormone」、「I NEED U」、「ON」、「No More Dream」と各1億回を突破した「Danger」、「Just One Day」、「We are bulletproof PT.2」、「RUN」、「Serendipity」、「Singularity」、「IDOL(Feat. Nicki Minaj)」、「‘Dynamite’B-side」、「‘Dynamite’(Choreography ver.)」、「‘I NEED U’(Original ver.)」、「Ego」、「Interlude : Shadow」、「Epiphany」などがある。