シン・ミナがドラマ「海街チャチャチャ」を再度振り返った。

女優シン・ミナは20日、自身のインスタグラムに「すべて語れなかったケチャ(ドラマ「海街チャチャチャ」の愛称)、アンニョン。 2021夏のコンジン」という文章と共に写真や映像をいくつか掲載した。

公開された写真と映像の中にはtvNドラマ「海街チャチャチャ」の現場が収められている。 俳優たちが主演女優や子役を問わず温かいケミストリーを誇り、和やかな雰囲気を醸し出す。 ファンもコンジン村でヒーリングした思い出を思い出している。

一方、シン・ミナは公式の恋人キム・ウビン出演、ノ・ヒギョン作家、キム・ギュテ監督の新作「私たちのブルース」への出演を決めた。

「私たちのブルース」は人生の終わり、あるいはクライマックス、始まりに立っているすべての人生を応援するドラマだ。 暖かくて躍動感あふれる済州、冷たくて荒々しい海を背景に、多様な人物の酸っぱくて甘く苦い人生の話をオムニバス形式で伝える。