Net flixシリーズ「イカゲーム」に出演した韓国俳優イ・ジョンジェ(48)が、米国最高の番組授賞式「エミー賞」の有力受賞者として注目されている。

 21日(以下、現地時間)、米メディア「ハリウッドリポート」は、テレビ評論家らがエミー賞の可能性が高いと見ている俳優のリストを公開した。

 この中に、イ・ジョンジェが韓国俳優として唯一リストアップされた。

 エミー賞は、米国テレビ放送で秀でた活躍を見せた作品および俳優など関係者らに授与される賞で、最も高い権威の放送授賞式とされている。「プライムタイム・エミー賞」、「デイタイム・エミー賞」、「スポーツ・エミー賞​」、「工学エミー賞」、「地域エミー賞」、「国際エミー賞」、「学生エミー賞」などの部門に分かれて授賞し、「プライムタイム・エミー賞」部門がメインになる。

 ハリウッドリポートは、イ・ジョンジェのエミー賞受賞の可能性についてテレビ評論家らの言葉を引用し「『イカゲーム』に登場する悲惨な魂を統一する主人公ギフン(イ・ジョンジェ扮)のように、ドラマチックな旅程を耐えた人物はいなかった」とし、「エピソードに沿ってギフンは絶望的な敗北者になる可能性もあったし、全く異なる英雄になる可能性もあり、傷を負った男性の殻を表現したり、燃えるような正義の化身になったりもした」と評価。

 その上で「極と極で、感情的な中心として彼の存在感が持続的に残っている」とし、「今回、イ・ジョンジェはギフンというキャラクターを通して、強烈ながらも持続的に吸引力のある一面を見せてくれた」と称賛した。