韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が、「2021 American Music Awards/AMA」で「Artist of the Year(ことしのアーティスト)」を受賞した。

 「BTS」は21日、米ロサンゼルスMicrosoft Theaterで開催された「AMA」に出席。Artist of the YearのほかFavorite Pop Song/Butter、Favorite Pop Duo or Groupなど候補にあがった3部門全て受賞した。

 メンバーらは、「Artist of the Year」として授賞式のフィナーレを飾るステージを披露した。

 受賞の心境を聞かれた「BTS」は、「Artist of the Yearを受賞することができ、光栄に思う。4年前、僕たちは、米国TVライブパフォーマンスをこのステージで初めて披露した。あのとき、どれほど緊張しワクワクしていたのか覚えている。あの後、驚くような旅程を歩き、ARMY(アーミー/BTSファンを表す)を除いては、この場所で僕たちがこの賞を手にするとは誰も予想していなかっただろう」とし、「僕たち7人は、音楽を愛する気持ちで集まった。音楽の力と、世界の多くの方々のおかげでここまで来て、こうして大きな賞をいただくことができた。奇跡のようなことで、当然のこととは思っていない。この賞の栄光は、皆さんにあげたい」と心境を述べた。

 「BTS」は、楽曲「Butter」のロゴイメージであるイエローのハートにARMYに向けた気持ちを表すパープルのハートを加えたステージ上のセットで「Butter」のパフォーマンスを披露。「僕たちの後ろにはARMYがいる(Got ARMY right behind us)」という歌詞にイエローハートがパープルハートに変化する構成を用いて、ファンに対する”特別な思い”を表現した。