韓国の俳優コ・セウォンにスキャンダルが発覚した。

 発端は26日、インターネット上にアップロードされた「俳優のK氏。コ・セウォンです。カカオトーク(の写真)を貼付します」というタイトルの投稿だった。その投稿者は、今年2月に流産したという診断書とともに、コ・セウォンとのチャット内容をキャプチャーして公開したのだ。

 投稿者のAさんは「『主婦キラー』と呼ばれるK氏に妊娠後に捨てられ、流産した。2020年に交際した。私は平凡な一般人女性だ。K氏が保有している私の裸体写真を削除したことを確かめさせてほしいとメッセージを送ったところ、私を脅迫罪で訴えると言われた」と主張している。

 Aさんは、これが一方的主張だという批判を受け、今回K氏がコ・セウォンであると明きらかにした。

 Aさんは投稿文の中で「K氏は2017年に離婚した」とし、「私は情婦ではない。(離婚事実を)確認して交際した。コさんのお母さんも息子が確かに離婚したと話していた。(交際中は)お互いの家を行き来した。私が情婦だというなら天罰を受ける」とした。

 さらに「私は最初から彼がメディアで離婚の事実を発表するまでは避妊すると言っていた」とし、「コさんは私が妊娠したらすぐに離婚の事実を発表して(私と)結婚する。どんなことがあっても、最後まで責任を取るから心配するな。『俺だけを信じろ』と言った。私はその言葉を信じて避妊しなかった」とつづった。

 また、「メール1通で別れを告げてきたコさんに、数か月ぶりに連絡を取った際、コさんは私に『お前、なんでそんなに簡単に妊娠するんだ』と言い、流産した子どもは自分の子どもではないと言った」と主張した。

 最後に「コさんは(私が)インターネットで文章を発表したら、私をすぐに訴えると言っていたので、告訴されれば警察署に行って調査を受ける」とし、「公共利益のためにインターネットに文章を発表したわけではないので、名誉棄損で処罰を受けるつもり」と強調した。

 この投稿について、コ・セウォンの所属事務所「フノス・エンターテイメント」は「現在、事実を確認中」としている。

 コ・セウォンは1977年生まれの45歳。1997年、KBSの第19期公開採用タレントとしてデビューした。主な出演作に「シンデレラボーイ」「怪しい三兄弟」「帰ってきたボク・ダンジ」「ブッとび!ヨンエさん」などがある。