「村の軽洋食」が、三陟(サムチョク)での営業を終えた。

29日に放送されたJTBCバラエティ番組「村の軽洋食」では、江原道三陟市で行われた最後の営業が描かれた。

この日「村の軽洋食」メンバーたちは、三陟市での最後の営業を終えた後、一か所に集まった。チョ・セホは「今日が最後の日だったが、滑らかに終えられた」とし、「僕たちの食堂の趣旨に合わせて運営が出来たようだ」と話した。

女優チェ・ジウは、「全ての収益金は欠食児童たちに使う。今日は収益金を渡そうと思う。総額が200万ウォン(約19万円)を超えた」と話した。これにチャ・インピョは、「働いた甲斐があった」と感想を伝えた。

その後、三陟児童福祉センター職員が店に訪れた。チェ・ジウは職員に「私たちは初めてで、思っていたほどの金額ではない」と口を開いた。

これを聞いた職員は、「金額ではなく気持ちが重要だ」とし、「”村の軽洋食”でこんな風にやってくれて、感謝の気持ちを持っている」とあいさつをした。

営業を終えた「村の軽洋食」職員たちは、初めての外食に出た。チェ・ジウは「みんな三陟でご苦労様でした。おいしく食べて、楊口(ヤング)で頑張ろう」とメンバーたちを鼓舞した。

三陟での営業を終えた「村の軽洋食」は、江原道楊口郡での営業を予告した。放送後に公開された次回予告では、グループ「TOMORROW X TOGETHER」のメンバーボムギュの登場を予告した。