※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画2:28から最後まで。

今回は町の人たちの集まりのシーンから。
オ・ユンとヘジンの2人のシーンだが、ユン演じるチョ・ハンチョルはセリフの曲名を忘れてしまいNGに。「自分の歌忘れちゃった…」と笑うチョ・ハンチョルにシン・ミナも笑う。
その後は町の人たちとオ・ユンが歌い踊る場面の撮影で、シン・ミナは笑顔で様子を見守る。ヘジンが悪口を言っていたことが知れ渡り、全員に冷たい視線を浴びる場面では、カットがかかるとシン・ミナは「みなさん、すごく怖いですよ」と笑う。
チョ・ハンチョルも「怖いよね」と話す。次に登場するキム・ソンホはドゥシクの気持ちを作るのに集中している様子。

次は、海沿いの岩場にいるホン班長をヘジンが尋ねる場面。
運動靴でもシン・ミナは歩きにくそうだ。ホン班長が手を差し伸べ、その手をとるヘジン。何度か撮影するが、テイク2ではシン・ミナは「あ、ごめんカメラ見ちゃった」とNGに。
続いては、ヘジンが倒れそうになるところをドゥシクが受け止めるロマンチックなシーンの撮影だ。岩場の上で何度もリハーサルをしている。
「疲れてても離さないでよね」とシン・ミナは笑う。何度も撮影しながら、腕も支える形になったようだが、男性スタッフを代役に練習するとキム・ソンホは「おい!重い!死にそうだよ」と笑う。
こうしてあの美しいワンシーンが作られたのだった。

●韓国ネットユーザーの反応●

「現場でキム・ソンホはよく笑ってる」
「2人のケミがいい感じ」
「大人のラブストーリーって感じ」
「2人とも愛嬌があって可愛らしい」
「絶対続きが気になる」

●あらすじ●

「海街チャチャチャ」2話では、ヘジン(シン・ミナ)のコンジンの街に適応していく様子が描かれた。

 ドゥシク(キム・ソンホ)の助けでコンジンに歯科と自宅を見つけ、インテリアまで終えたヘジンは、全てが順序良く流れていくと予想したが、初めからコンジンの人たちに憎まれて大変な思いをした。

 街のイベントに病院の広報目的で参加したヘジンに、顔見知りのおばあさん3人組のファジョン(イ・ボンリョン)、ナムスク(チャ・ジョンファ)、ユンギョン(ハム・ユンブン)はヘジンを歓迎して親切にした。しかしヘジンは、がめついソウル市民のような態度で街の人たちを刺激する発言をし、人が離れていった。

 その後、明るくヘジンのそばにやってきた元歌手だというチュンジェ(チョ・ハンチョル)を避けようとトイレに行くと言ったヘジンは、親友ミソン(コン・ミンジョン)と電話をするため、会館の中に入っていった。ヘジンは電話でチュンジェの陰口を言うと、それが電源の入ったマイクを通じて街の人たちに聞こえてしまった。

 電話を終えて出てきたヘジンは、冷たい視線を浴びせる人たちの前でうろたえ、開院前に最悪の状況にしてしまった。

 しかし、またドゥシクに助けられて少しずつミスを挽回したヘジンは、コンジンの人たちとぎこちないながらも少しずつ親しくなりつつあった。「お互いに適応する時間が必要じゃないか」とドゥシクに言われたヘジンは、時間が経つほどコンジンの街や人たちに少しずつ適応していった。