私生活問題で物議を醸した韓国俳優キム・ソンホ(35)が、人気賞”2冠”に輝いたが「2021 AAA(Asia Artist Awards)」授賞式には姿を現さなかった。

 キム・ソンホは2日、ソウル市内にあるKBSアリーナで開かれた「2021 AAA」で、AAA RET人気賞とU+アイドルライブ人気賞の2冠を達成した。これらの部門は、ファンの投票によって決定する賞だ。授賞式を前に、キム・ソンホの人気賞受は確定しており、本人が授賞式を通して姿を見せるのか関心が集まっていたが、結局キム・ソンホは登場しなかった。そのほか授賞式に欠席したアーティストたちはVTRで受賞の心境を伝えたが、キム・ソンホはVTR出演もなかった。

 これを前に、キム・ソンホは元恋人がネット掲示板に投稿した「暴露文」によって私生活スキャンダルの中心に立った。

 元恋人による暴露後、キム・ソンホは謝罪と同時に活動の暫定中断を発表。その後、元恋人に関する疑惑と暴露が相次いだことで、キム・ソンホに対する風向きは多少変わり新たな局面を迎えたが、キム・ソンホの所属事務所は「お伝えできることはない」と沈黙を貫いた。

 なお、来る4日に予定されているパク・フンジョン監督の映画「悲しい熱帯」の台本リーディングには、キム・ソンホが参加すると伝えられている。映画「悲しい熱帯」への出演も一度は「保留」となったが、その後、最終的に出演が確定。キム・ソンホ側は「いただいた機会に応えられるよう最善を尽くして準備する」と明かした。