韓国歌手JAY Bが、1億ウォン(約1000万円)を寄付して善行を繰り広げた。

JAY Bは最近、韓国国内の脆弱(ぜいじゃく)階層児童のために1億ウォンを寄付した。これとともに緑傘児童財団の高額寄付者集会「グリーンノーブルクラブ」にも加わった。

JAY Bは、グループ「GOT7」が2018年に緑傘児童財団が主催した第3回全国感謝書公募展の広報大使に委嘱され、財団と初めて縁を結ぶことになりそれ以後、公演収益金を寄付するなど着実に後援を続けてきた。

JAY Bは、今回の寄付を通じて「ファンの愛が集まって大きな後援をすることができるようになった」とし「一人で寄付するのではなく、ファンと共に寄付に参加することがさらに重要だ」と感想を明らかにした。

ハイアミュージック入団後に発売されたJAY Bの初のソロ正規アルバム「SOMO:FUME」は、合計約10万枚のアルバム販売量数値達成と同時に、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、タイ、トルコ、ベトナムなど49カ国のiTunes アルバムチャート1位のランクになるなどオーラウンダーアーティストとしての地位を固めた。