女優キム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフが、新ドラマで共演することが分かった。

 tvNの新ドラマ「若草物語」(演出:キム・ヒウォン、脚本:チョン・ソギョン、制作:スタジオドラゴン)は、貧しいが仲良く育った三姉妹が、韓国で最も裕福で有力な一族に対抗する物語を描く。巨大な事件に巻きこまれた三姉妹が、“お金”という人生の宿題を解いていく過程が描かれる予定だ。

 同作品は、映画「お嬢さん」「親切なクムジャさん」からドラマ「マザー 無償の愛」まで、人間本来の深い感情を引き出すのに卓越したチョン・ソギョン作家が執筆を引き受けた。そこに、「ヴィンチェンツォ」「王になった男」など、感覚的ながらも力強い演出で人気を集めたキム・ヒウォン監督がメガホンを取る。

 キム・ゴウン、ナム・ジヒョン、パク・ジフの共演も、期待要素だ。まずキム・ゴウンは、お金で家族を守りたい長女“オ・インジュ”に扮する。ひどい貧困のなかで育ったオ・インジュは、幼いころから“お金こそが保護者”だということを悟った。他人と同じように生きることが夢のすべてだった彼女の前に、人生をまるごと揺るがす事件が起こる。キム・ゴウンは最近、「ユミの細胞たち」で共感型キャラクター“ユミ”を完璧に演じて、大きな愛を受けた。どんなキャラクターでも説得力を与える女優キム・ゴウンが、「若草物語」を通じてこれまでとは異なる、新しい顔を見せると期待を集めている。

 ナム・ジヒョンは、お金に魂を売りたくない次女“オ・インギョン”役を務める。オ・インギョンは、賢くて使命感を持つ報道局の記者で、常に“正しいこと”のために動く。いつも貧しく、相変わらず貧しいが、お金のために頭を下げることはない。初めて記者になったときに向き合った疑問の事件が、再び近づいて来ていると感じた彼女は、本能的にこれを暴き始める。しっかりしていて主体的なキャラクターであるだけに、格別な演技力を持つナム・ジヒョンの活躍が、期待感をより一層刺激する。特有のエネルギーあふれる姿と、細かい感情演技がキャラクターの魅力を最大化すると期待される。

 自分のために苦労する2人の姉に愛される三女“オ・インヘ”役は、パク・ジフが引き受けて熱演する。オ・インヘは、貧しいせいで良い絵の具を一度も使ったことがないが、持って生まれた才能で名門芸術高校に進学した人物だ。映画「はちどり」で印象的な演技を披露して、映画界の期待の星に浮上したパク・ジフが、複雑な内面を持つ“オ・インヘ”をどのように演じていくのか期待を高める。特にキム・ゴウン、ナム・ジヒョンとのシナジー効果にも視線が集中する。

 「若草物語」の制作スタッフは、「一つの事件のなかに、三姉妹の人生が絡み合いながら、一味違った楽しみをプレゼントする。巨大な力に対抗して、人生の方向を探していく三姉妹の物語が、強烈で興味深く描かれるだろう」と伝えた。

 tvNの新ドラマ「若草物語」は、2022年に放送される予定だ。