Netflixドラマ「イカゲーム」のチョン・ホヨンと、映画「エターナルズ」のマ・ドンソクが「今年ブレイクしたスター」に選ばれた。

チョン・ホヨンとマ・ドンソクは、今月22日(現地時間)に発表された米国メディアVariety(バラエティ)が選ぶ「今年ブレイクした海外スター(Variety’s International Breakout Stars of 2021)」リストに名前を挙げた。

同メディアはチョン・ホヨンに対して、モデル出身の俳優で「イカゲーム」以降、一躍スターダムに上がり、韓国俳優の中で最も多くのインスタグラムフォロワーを持っていると書いた。「イカゲーム」は前日、バラエティが選ぶ「今年の海外テレビ番組(The Best International TV Shows of 2021)」の1位に選ばれた。

また、マ・ドンソクについては、比較的、遅い年齢で演技をはじめ、「新感染ファイナル・エクスプレス(2016)」、「アンダードッグ 二人の男(2016)」、「犯罪都市(2017)」などで人気を得た後、「エターナルズ」でハリウッドデビューしたと説明した。

2人をはじめ、Apple TV+ドラマ「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」のToheeb Jimoh(トヒーブ・ジモー)、イタリア映画「A Chiara(キアラ)」のSwamy Rotolo(スワミー・ロトロ)、映画「Small Body」のOndina Quadriなど11人がリストに含まれた。

バラエティが前日発表した「バラエティ500」にはイ・スマンSMエンターテインメント総括プロデューサー、パン・シヒョクHYBE議長、ポン・ジュノ監督、イ・ミギョンCJグループ副会長などが含まれた。