KEYSTONEエンターテインメントがグローバルボーイズグループをローンチする。

 KEYSTONEエンターテインメント(以下、KEYSTONEエンタ)は27日、「2022年上半期、9人組ボーイズグループ KEYSTONE BOYZ(仮称)を歌謡界にローンチする」と発表した。

 これとともに去る25日、公式SNSを通じて「KEYSTONE BOYZ」2人目のメンバー、キム・テウのクリスマスキャロルカバー映像「クリスマスだから」を公開し注目を集めた。キム・テウはMBCオーディション番組「UNDER NINETEEN」を通じて誕生したボーイズグループ「1THE9」出身で、今回のカバー映像でレベルの高い歌の実力を披露し、ファンを魅了した。

 これを前にKEYSTONEエンタはMnetオーディション番組「I-LAND」出身のイ・ヨンビンを1人目のメンバーとしてお披露目した。続けて、デビュープロモーションのタイムテーブルイメージを相次いで公開し、国内外のK-POPファンの好奇心を刺激した。タイムテーブルによると「KEYSTONE BOYZ」は来る1月から3月初めまでの約2か月間、最終デビューメンバー、グループ名、グループロゴ、ユニット及び完全体フォトなどを順次披露する予定。その後、リアリティーショーを通じて、「KEYSTONE BOYZ」の魅力を見せる予定だ。

 現在、「KEYSTONE BOYZ」の最終グループ名のイニシャル「BL」まで公開された中、彼らが果たしてどんな名前でファンと向き合うのか、注目を集めている。

 KEYSTONEエンタのチェ・ソンムク代表は「KEYSTONE BOYZはオーディション番組出演と国内歌謡界デビュー経験があるイ・ヨンビン、キム・テウをはじめ、日本、中国など世の中にまだ公開されたことがないニューフェイスで構成した9人組ボーイズグループ」とし「MZ世代(ミレニアル世代とZ世代、1980〜2000年代生まれ)を魅了し、“ファン心の狙撃手”に生まれ変わる9人のメンバーたちに多くの関心をお願いする」と伝えた。