12月15日(水)に5枚目のシングル「WANDERING」をリリースした11人組ボーイズグループ「JO1」が、12月24日(金)、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、『JO1 5THシングル「WANDERING」発売記念クリスマスショー』を開催した。

結成以来過去最大となる展覧会「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」、あだち充原作の11人全員が主人公となる初の主演ドラマ「ショート・プログラム」の配信、デビューからの約2年間を振り返るドキュメンタリー映画 「JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-」の全国劇場公開などを控え、ますますの活躍に注目が集まる中リリースされた5THシングル「WANDERING」は、自己最高の売上で5作連続のオリコンデイリーシングルランキング1位を獲得、オリコンウィークリーランキング、Billboard JAPAN HOT 100でも首位を記録した。
今回のイベントは、「WANDERING」初回プレスに封入されたシリアルナンバーで応募できる特典イベントで、応募者全員が視聴できるオンライン生配信での参加のみならず、会場には現地観覧に当選した500名のファンが招待されておこなわれた。

クリスマスにちなんだトークや初披露パフォーマンス、 「JO1」からのプレゼントのようなステージも用意され、ファンとの特別な時間を過ごした。
暗転したステージに王子様のような白スーツ姿のメンバーが登場すると、スタンドマイクを使って「Prologue」を歌唱。微笑みを浮かべたり、頷きながらリズムをとったり、感情を手に込めたりと、それぞれ個性を放った立ち姿で、優しくも芯のある真っ直ぐな歌声を届け、イベントの幕を開けた。

「こんにちは〜!Go to the TOP!JO1です!」と揃ってあいさつすると、「みんな〜!」と大きく手を振る與那城奨。河野純喜は「JAM(=「JO1」ファンの名称)!メリークリスマス!イブ!」と声を響かせた。「『WANDERING』がJAMのみなさんのおかげで、ハーフミリを達成し、自己最高記録となりました。ありがとうございます!」とうれしい知らせに感謝を伝えたのは白岩瑠姫。

今年のクリスマスについて、「僕、チキンを食べました!」と木全翔也が報告すると、川西拓実は「僕がメイク中にチキンを食べていたら、横にいた翔也が『はぅぅ!』って」と、目と口を大きく開いた表情を再現し、チキンを見つけて喜ぶ木全の可愛らしいエピソードを公開した。

イベントのクリスマス感を増すため、ステージに被り物や飾りなどのクリスマスグッズが登場すると、「これ何?」、「小さくて入んないや」、「合ってます?」などと言いながらアイテムを選んでいくメンバーたち。

佐藤景瑚が巻いたマフラーをセットしてあげる與那城。装飾を済ますと2人でなにやら楽しそうにしている豆原一成と鶴房汐恩。音が鳴る飾りで遊ぶ川西と、そのメロディーに乗って合いの手を入れる佐藤。と、にぎやかに思い思いのスタイリングを完成させた。

そして、「今回JAMの皆さんにクリスマスプレゼントをご用意しました!」、「次披露する曲、撮影オッケーです!」とメンバーからファンへの思わぬサプライズ。

「撮った動画は"#JO1_FanCam"でSNSに投稿してOKです!」、「だから実物よりかっこよく撮ってください!」と呼びかけると、喜びを隠しきれない様子のファンたちが携帯を構える中、「JO1」のクリスマスソング「Happy Merry Christmas」がスタート。顔を見合わせたり、手を繋いだり、ハグしたりと、パフォーマンスを楽しむメンバーたち。それから、ファンに手を振ったり、ポーズをとったり、しゃがみこんで目線を合わせたりし、ファンへの特大プレゼントを贈った。

続いてはトークコーナー。メンバーたちは結成からの2年間を振り返り、全部の曲に思い入れがあり、全部の曲にエピソードがあると話した。そうした背景も含めてか、 「JO1」の楽曲はタイトル曲、カップリング曲問わず、どれもファン人気の高い楽曲といえるが、今回はこれまでに発表した全38曲の中で、「寒い冬、心も体も温めるぽかぽかソング」を「JO1」公式Twitterで事前に募集しランキングを発表。

ぽかぽかソングトップ10ノミネート楽曲がモニターに映し出されると、ウィンターソングやバラード曲に混じって、力強いサウンドが印象的な「La Pa Pa Pam」が並んでいるのを確認し、メンバーたちは思わず「え?! 」と驚きの声をあげた。

トップ3を予想し当てていこうとするも、「どう捉えるかだな」と一筋縄にいかない予感を感じさせた。自分が予想した曲がノミネートしていたという川尻蓮は、どの曲か聞かれると「逆になんだと思う?」と聞き返し、「面倒くさ!」とメンバーから総ツッコミ。

すると佐藤は「俺もやっぱあれ、あったね」とおもむろに発言し、「何?」と聞かれると、待ってたと言わんばかりに「なんだと思いますか?」としたり顔。與那城は「え?残りのメンバー全部それやんの?ちょっとごめん、面倒くさい」とキッパリと言い笑わせた。

「3位『Blooming Again』とか?」「『La Pa Pa Pam』が3位に来たら、次は『So What』と『Speed of Light』しか来なくなる」となかなか予想を絞れない中、「これみんな投票した?」と観客に問いかけ答えを導き出そうとする策士な川尻。ヒントを得るため「一個だけ聞きたいんですけど、『La Pa Pa Pam』に入れた人!」と鶴房が問うと、予想を上回る挙手率に「えーー!ほんとに?」と混乱するメンバーたち。

会場のJAMを信じて『La Pa Pa Pam』を3位予想に決定。しかし正解は「僕らの季節」。「これ1位かと思った!」と意外さを示した。「僕らの季節」に投票したJAMに手を挙げてもらうと、「『La Pa Pa Pam』の方が多いよ」、「会場では『La Pa Pa Pam』ダントツ1位だよ」とますます頭を悩ますことに。

2位は「Dreaming Night」、1位は会場を信じて「La Pa Pa Pam」にかけるも、どちらも不正解。実際は2位「My Friend s」、1位「Happy Merry Christmas」だったが、これにはメンバーも納得。会場JAMの好みに翻弄され、図らずも心理戦に陥り全問不正解という結果となった。

「次の曲のぽかぽかポイントを紹介したいと思います!『WANDERING』に収録されている初披露の曲です」と河野が期待を高め、始まったのは「We Alright」。キレのあるスタイリッシュなダンスと、ハツラツとした歌声で、疾走感のあるパフォーマンスを披露。

ファンの視線を釘付けにした。ここで、先月開催された「2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”」のBlu-ray&DVD発売決定を発表し、うれしい知らせを届けた。

最後に、「クリスマスイブ、本当にこんなに大事な日を僕たちと過ごしてくれてありがとうございます。僕たちも大切な日は大切な人と過ごしたかったので、こういうライブをさせてもらいました。みんなのサンタになれたら、嬉しいなと思います。ありがとうございました」(佐藤)、
「オンラインでも会場にもたくさん集まってくれて、幸せなイブを過ごすことができました。今年一年も幸せな思いをたくさんくださって、JAMのみなさんありがとうございました!」(河野)、
「今年最後のステージということで、JAMのみなさんと直接お会いできる機会ができてうれしく思います。特別な日を一緒に祝えることが幸せです。来年も元気いっぱいの姿をぜひ見てください!」(與那城)、
「ハッピーメリークリスマスです。まず、今日クリぼっち回避できた皆様、おめでとうございます(笑)。今年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!」(鶴房)、
「ハッピーメリークリスマス、JAM!楽しかったですか?僕たちも楽しかったです。こういったイベント良いですね。お正月ライブとか、バレンタインライブとか、僕のハッピーバースデーライブとか!増やしていけたらいいなと思います。みんなライブ大好きなので、たくさんやりたいです。これからもよろしくお願いします」(木全)、
「こんなに近くで皆さんにパフォーマンスとか、僕たちのグダグダなトークを(笑)、ライブでできたことをうれしく思います。来年も一緒にテンション上げて頑張っていきましょう!」(豆原)、
「僕がお願いしてこのライブやりました!嘘です(笑)。でもそれくらいの気持ちで!それくらいの気持ちを持ってさせていただきました!」(川西)、
「『OPEN THE DOOR』以来こんなすぐ会えると思ってなかったので、感謝でしかないです。たくさんのJAMのみなさんに会いたいので、来年はたくさんライブをしたいです。今日はありがとうございました。気をつけて帰ってください!」(大平祥生)、
「クリスマスにライブができるということで、僕らがサンタさんみたいになって、元気とかやる気とかを届けたいなと思ってステージに立ってたけど、逆に元気をもらったなと思います。オンラインで見てくれたみんなの元気も届いてます!今日会えたので、来年は、これより強い熱で、高いテンションで、やっていけそうです。ずっとついてきてください」(川尻)、
「みなさんの大事な時間をいただいて、一緒に過ごせていることが幸せなことだと思います。今日、クリスマスの良い思い出ができて、 JO1としての1ページが書けたかなと。 JO1の歴史をどんどん作っていきないなと思います。これから徐々に会える時間を増やしていけるようにしたいです」(白岩)と1人ずつ、気持ちを伝えた。

「今日最後の曲は、先程のぽかぽかソングに入ってた『WANDERING』のリード曲『僕らの季節』をお聞きいただきたいと思います」と、ラストは冬にぴったりの楽曲で会場を幻想的な雰囲気で包み、豊かな歌声でファンの心を温めた。「ハッピーメリークリスマス〜!」と笑顔で手を振り、イベントの幕を閉じた。