<「猟奇的な彼女」OST、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「猟奇的な彼女」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、2001年に大ヒットしたラブコメ「猟奇的な彼女」が舞台を朝鮮時代に移し時代劇となった作品。
キャストは、「ヨンパリ〜君に愛を届けたい〜」、「グッド・ドクター」のチュウォン、ヒロイン役には「私はチャン・ボリ!」のオ・ヨンソ。
ストーリーは、3年間の清への留学を終えて帰国した男性が参加した宴で、泥酔した女性に出会うところから始まる。

今日の1曲はイム・ドヒョクが歌う「君を忘れようとしても」。愛しい人との別れの悲しいバラード曲。

<歌詞の解説>

「静かで誰もいない 部屋の中で あなたを思い出して ただ座っていた 僕は一緒に歩いた道で 道に迷った子どものように 何もできなかった 終わらせたくなかった夜 もう忘れようと 小さい声で 悲しく止まった時間に 涙を流して 僕たちはすれ違っていく」歌詞の最初では、愛しい人とすれ違い会えなくなった悲しみが表現されている。

※サビ「一歩一歩遠ざかるあなたを見ると 自尊心が邪魔してつかめなかった 壊れていくこの心を ずっと空にしても 結局君でいっぱいになる また君が恋しくなって もう君を忘れようと思うんだ」サビでは去って行った恋人を忘れる決意をしているのが伝わる。

「すべてが変わらないのに 認めたくない 一人で君の名を呼んでみる さよなら もう涙が混ざったこの言葉も聞こえない 君を描いて」相手への未練がここから感じられる。

※サビのリピート

「君は耐えているのかな 元気にしているのか 会えないけれど 君がいない一日も 大丈夫だと思っていたけれど 違ったみたい 君を送り出した自分が」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

※サビのリピート

歌手イム・ドヒョク(本名:同じ)は、1992年生まれの男性ソロシンガー。スーパースターK6で登場したのが最初だった。
これまで「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」、「江南スキャンダル」、「緑豆の花」などでOSTを担当している。

<ネットユーザーの反応>

「ドラマのキャストもよかった」
「曲でドラマが盛り上がる」
「イム・ドヒョクの声が好き」
「もう一回最初から見たくなった」
「歌詞が切ない」

「猟奇的な彼女」ではチュウォンと、オ・ヨンソの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。