Netflix「イカゲーム」のファン・ドンヒョク監督が「イカゲーム」シーズン2の制作が確定したことに続き、シーズン3の制作も推進中だと明らかにした。しかしこれに対してNetflixは「決まっていない」と言葉を控えた。

Netflixの関係者は28日、Edailyに「シーズン3の制作や『イカゲーム』について多様な方面、可能性などを念頭に置いて議論中であるのは事実だが、確実に決まったことはまだない」と伝えた。

これに先立ち、ファン・ドンヒョク監督はこの日、KBSテレビ「ニュースライン」に映像出演をしインタビューを行った。ファン・ドンヒョク監督はこの日のインタビューで「Netflixと(『イカゲーム』)シーズン2および3についても話し合っている」と明らかにした。

Netflixオリジナルで世界最多ストリーミング回数を記録した「イカゲーム」はシーズン1の世界的な人気に後押しされ、最近シーズン2の制作が確定した。

ファン・ドンヒョク監督はKBSに「近いうちに何らかの結論が出るのではないかと思う」とし、「多くの方が待っていることを知っているので、みなが前向きに次回シーズンを準備するために努力している」と付け加えた。

またシーズン2のストーリーについては「ソン・ギフン(イ・ジョンジェ扮)が紐解いていくストーリーが中心になる」とし、「ギフンに出会う人々、追う人々についてのストーリーがシーズン2の大きなポイント」と語った。

「イカゲーム」は人生の崖っぷちに立たされた人々が456億ウォン(約44億円)の賞金を獲得するため、命懸けのサバイバルゲームに参加し、繰り広げられる物語である。イ・ジョンジェ、パク・ヘス、ウィ・ハジュン、チョン・ホヨン、オ・ヨンスらが出演しグローバルスターダムにのし上がるほど話題と人気を集めた。9月17日に公開以来、全世界1位を総なめし、Netflixの購読者1億4000万世帯以上がこの作品を視聴した。 現在までNetflix全世界TVショーストリーミングランキングでトップ10に名前が挙がっている。