「トロット王子」チョン・ドンウォンが驚くべき人気を博した。

29日に放送されたKBS第2テレビ「パク・ウォンスクの一緒に暮らしましょう」ではトロット王子チョン・ドンウォンに会ったパク・ウォンスク、ヘ・ウ二、キム・ヨンラン、キム・チョンのストーリーが描かれている。

同日チョン・ドンウォンが訪問するというニュースを聞いて、彼の熱烈なファンであるパク・ウォンスクは震え戸惑った。 パク・ウォンスクは「生まれてこれほど誰かのファンになったのは初めて。 チョン・ドンウォンが歌う映像は50回ずつ見る。 幼いころから映像もすべて見ていた」と告白した。

さらにパク・ウォンスクはチョン・ドンウォンを迎えるために小豆粥や大学いもなどを手作りし、期待感を隠せなかった。 チョン・ドンウォンが到着した時は、靴も履かずに彼を迎えたりもした。

そして質問攻めが続いた。 チョン・ドンウォンは身長を尋ねる質問に対し、「12歳で148センチだったが、今は15歳で168センチほど。 思春期なのかという質問もたくさん受けるが、 自分では思春期じゃないと思う。 それでも周りからは『今、思春期みたい』と言われている。 もう思春期は過ぎた。考え方次第だと思う」と答えた。

また、チョン・ドンウォンは学校生活を紹介し、「男女共学の学校に通っている。初めて学校に行った時はトイレに行っても生徒がついてきて囲まれてサインをした。 男子生徒、女子生徒みんながそうだった。 今は少し静かになった。 以前は学校に行くのが怖いほどだった。 最初は僕のことが不思議だったが、今は親しくなって大丈夫になったと思う」と語った。