女子高生たちの熱いダンスバトルが話題となっている「STREET DANCE GIRLS FIGHTER」(Mnet)。12月28日(火)に放送された第5話では、第3次ミッションとなる「K-POP振付創作ミッション」の模様が公開された。

ここまで残っている12組が、1対1のバトル形式で、K-POPアイドルのヒドゥン・トラックを1番、2番に分けて振付を作るほか、相手クルーが創作した振付を修正せずにそのままどこかに反映させなくてはいけないトレード区間があるというのが特徴だ。

このミッション曲には、「iKON」の「AT ease」、「NCT 127」の「MAD DOG」、MINO(WINNER)の「ROCKET」、「MONSTA X」の「Autobahn」、「ITZY」の「#Twenty」、「aespa」の「ICONIC」が選ばれ、判定をするのに曲ごとに“スペシャルジャッジ”がVTRで登場し、貴重な1票を投じたのも目を引いた。

「aespa」の「ICONIC」には、SMエンタテインメントのパフォーマンス・ディレクター、ファン・サンフン、MINO(WINNER)の「ROCKET」には、YGXの双子ダンサー、クォン兄弟など「STREET WOMAN FIGHTER」にゆかりのある“スペシャルジャッジ”が登場したほか、“ご本家”まで登場したのだ。

「NCT 127」からは、ファン・サンフンと共に「STREET WOMAN FIGHTER」でジャッジを務めたテヨンとマーク、「MONSTA X」からはヒョンウォン、ジュホン、I.M、「ITZY」からはチェリョンとリュジン。「MONSTA X」と「ITZY」に関しては、「PRODUCE X 101」で特別トレーナーを務めたジュホン、「MIXNINE」出身のリュジンなどMnetと縁のあるメンバーがしっかり入っていた。

さらに、「iKON」は全員で登場するという豪華さだった。特に、ミッション曲に選ばれた「AT ease」は「iKON」が「KINGDOM : LEGENDARY WAR」のファイナルラウンドで披露した曲でもある。「KINGDOM」以降、ほかのグループが精力的に活動を展開し始めたのに対し、特にこれといったグループ活動をしておらず、BOBBYの突然の結婚発表などプライベートな部分で世間を賑わせていただけに、今回の出演はVTRで短くはあったものの、全員揃っての登場というのが意味深いものだった。

そんな中、「iKON」がジャッジに加わった対決が物議をかもしているのも、もう一つの話題となった。「YGX」チームと「LACHICA」チームの対決だったが、トレード区間において、「LACHICA」チームが提案したものは、メンバーそれぞれの動きがバラバラのもので、マネしづらい動きや、おどけたようなカニダンスなどだった。いくら戦略とはいえ、これに対して「YGX」チームは当然のごとく不快感をあらわにした。

ちなみに、「iKON」は記憶に残る振付が多かったのと、トレード区間を上手くこなしている感じがしたとして、「LACHICA」チームを選択。この結果を受け、「AT ease」の振付を作った「YGX」のリーダー、リジョンは「『iKON』のお兄さんたちがトレード区間を見ても、あれが賢かったと思っているんだろうか?まさか?」と驚きを隠せない様子だった。

結局、「PROWDMON」のリーダー、モニカが慎重に話を切り出し、戦いというのが一番にあるのは間違いないが、誰かの足を引っ張って上に上がるのは違う。実力でいかなくてはいけないとし、誰かにとっては冗談かもしれないが、誰かにとっては真剣な死闘であると指摘。「PROWDMON」は「YGX」に票を入れたが、それ以外のマスターたちは「iKON」も含め、「LACHICA」チームに票を入れたため、「LACHICA」チームの勝利となった。

その後のインタビューで「WAYB」のリーダー、no:zeがトレード区間を除くと、パフォーマンス的な部分でもすごく新鮮だったと「LACHICA」チームを評価し、「HolyBang」のリーダー、Honey Jはいろんな考え、戦略があるので理解はできるとしながらも、美しい戦いをしてほしいというのが願いであり、相手が冗談として受け止めたなら問題はなかったが、今回の場合、相手があまりにも真剣であり、冗談として受け止めていなかったと総括した。

番組終了後には、「LACHICA」チームにマナーや配慮がなかったと非難する声がある一方、戦いなのだから戦略を立てるのは間違いではないという意見など、賛否が巻き起こっている。どちらにしても、Mnetのオーディションやサバイバル番組は一筋縄ではいかない。次回は6組によるファイナルミッションが行われる。