写真作家のチョ・ソンヒがボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が練習生時代から頻繁に足を運んでいた行きつけの食堂を訪問し感動したエピソードを伝えた。

30日にチョ・ソンヒは自身のインスタグラムに「近所に私が長年通っていた行きつけの食堂があるが、ここが『BTS』が練習生時代のまさに“食堂”だった。つらいその時代をご飯の力で生かしてくれていた心優しい店主家族が経営する食堂。今はすっかり『BTS』の写真で覆われていて、コロナの前には全世界のファンたちが長蛇の列を作った!もちろん今も目が回るほどに忙しく、その味と人情も相変わらずだ」と文をつづった。

さらに「きょうお昼を食べに立ち寄ったら『わかめスープを召し上がりますか』と聞かれて、もちろん『はい〜』と言って、誰の誕生日ですかと聞いたら、『Vの誕生日だ』と言って、わかめスープとチャプチェを作ってくれたのだ〜。食堂の店主とアイドル練習生たちが出会い作ったこのシナジーこそ、本当の真心なのではないかと思う」とし、「#真心で生きよう #BTSの名所 #ユジョン食堂 #ありがとうございます #明けましておめでとうございます #これがVの誕生日祝いのごちそう #つられておめでとうございます」と付け加えた。

これとともに公開した写真にはチョ・ソンヒはVの代わりにもらった「BTS」のVの誕生日をお祝いするごちそうが盛り込まれた。Vの写真とカップホルダー、人形などで飾られたテーブルの上には、わかめスープやチャプチェ、ケーキが置かれており目を引く。

1995年12月30日生まれの「BTS」のVは同日26歳(数え年では27歳)の誕生日を迎えた。「BTS」のメンバーたちはSNSを通じてVに祝福のあいさつを伝えた。

同い年の友人であるメンバーのJIMINは「BTS」の公式ツイッターに「My love. Happy Birthday bro #テテ(Vのニックネーム)誕生日(おめでとうを表すハングルを使った絵文字)」と、Vが寝起きの顔で背伸びをする写真を掲載した。

リーダーのRMもJIMINと同じコメントを残し、Vが食事中の写真を共有した。SUGAは「誕生日おめでとう、テヒョン(Vの本名)。(コロナ療養中で)隔離中だから気持ちだけ送るね〜 #テヒョンの誕生日(おめでとうを表すハングルを使った絵文字) #SUGA兄さんだよ #幸せな一日になって」と温かなお祝いのメッセージを残した。

J-HOPEは「My love Happy birthday bro. #HOPEフィルム #赤ちゃんテヒョン #HappyBirthdayTaehyung #テヒョンの誕生日(おめでとうを表すハングルを使った絵文字)」、「#HOPEフィルム #大きなテヒョン #HAPPYVDAY #テヒョンとARMYは_花道を歩いている」と愛情を込めた文とともに初々しかったデビュー初期といっそう成熟し磨かれた現在のVの写真を共有し、感動に包まれた。

JINは「マイブラザー、テヒョン。君がお願いした写真をアップする。愛してる。誕生日おめでとう、ブラザー」とあごひげが生えたVの自撮り写真を公開し、視線をとりこにした。

全世界各地にはVの誕生日を祝福するファンたちのイベントが続いている。

Vの中国ファンクラブ「Baidu Vbar」はVの母校であるテグ(大邱)のテソン小学校の顔壁の塀に、Vの壁画を設置し、インスタグラムやSpotifyを通じてVの音楽や動画を300回以上送出する広告を掲載した。ファンページ「Bymyside」はYouTube、Kakaoトークのバナー、インスタグラム、ラジオ、TikTokなどを通じてVの誕生日の祝賀広告を行った。

一方、Vは24日にSBSで放送の月火ドラマ「その年、私たちは」のOST「Christmas Tree(クリスマスツリー)」を発売した。