KBS 2TVの新週末ドラマ「ヒョンジェは美しい」側が、主要出演者のキャスティングを終えた。

 31日、ドラマ広報を担当したブリスカンパニーによると、俳優ユン・シユン、ペ・ダビン、オ・ミンソク、シン・ドンミ、ソ・ボムジュン、チェ・イェビンらが出演を確定した。

 「ヒョンジェは美しい」は恋愛も、結婚も回避する時代、いい年齢の李家三兄弟が両親が掲げたアパートを獲得するために、結婚相手を探していく過程を描いたドラマだ。

 「青春記録」のハ・ミョンヒ作家が脚本を手掛け、「大王世宗」、「みんなでチャチャチャ」のキム・ソングン監督が演出を務める。

 出演を確定した俳優ユン・シユンは、イ・ヒョンジェ役を引き受ける。兄と弟の間で強い生存力、妥協と世渡り上手の能力を育てた人物であり、勝率の高い弁護士という設定のキャラクターだ。

 そんなイ・ヒョンジェに、「結婚詐欺された」と、結婚の無効訴訟を依頼するVIP向けパーソナルショッパー、ヒョン・ミレ役は女優ペ・ダビンが演じる。

 弁護人と依頼人として出会うことになる2人が、結婚までたどり着けるのか、好奇心を刺激する。

 また俳優オ・ミンソクは、評判の良い歯科医で長男のイ・ユンジェ役を務める。穏やかだが、自分に厳しく生真面目な人物だ。

 女優シン・ドンミは、イ・ユンジェにぞっこんな法律事務所の代表弁護士シム・ヘジュン役に扮(ふん)する。後輩でありパートナーであるイ・ヒョンジェの兄イ・ユンジェの病院に行ったことを機に、孤独だった胸に大きな波が押し寄せてくる人物だ。

 末っ子イ・スジェ役は、ソ・ボムジュンが務める。公務員試験を準備中のイ・スジェは、毎回兄と成績を比較されてきたにも関わらず、ポジティブで自己愛が強く、全くめげないキャラクターだ。足りない小遣いを稼ぐために、宅配の積み下ろしをするアルバイトを並行してやっている人物でもある。

 イ・スジェと恋愛模様を描くナ・ユナのキャラクターは、チェ・イェビンが演じる。パティシエを夢見て、お金を貯めてソウルに来たユナは、宅配アルバイトをしながら、製パン教室に通う若者だ。イ・スジェが、ナ・ユナを結婚プロジェクトに巻き込みながら、彼らの関係は予測できない方向に流れることになる予定だ。

 一方、「ヒョンジェは美しい」の物語は、李家第1代の祖父イ・ギョンチョル(パク・インファン)と第2代のイ・ミンホ(パク・サンウォン)&ハン・ギョンエ(キム・ヘオク)夫婦の断固たる決断から始まる。

 周囲の視線に耐えられず、「6か月以内に結婚相手を連れてくる息子に、マンションを与える」と宣言することになる。

 制作スタッフは、「恋愛や結婚を避ける時代に対する疑問から始まった作品だ。多様な価値観と人生がぶつかり、展開されるおもしろい結婚プロジェクトを期待してほしい」と伝えた。

 「ヒョンジェは美しい」は、「紳士とお嬢さん」の後続ドラマとして、来年上半期中に放送を開始する。