歌手兼女優のユナ(少女時代)が7年連続で「MBC歌謡大祭典」のMCを務めた。

ユナは先月31日、“TOGETHER”というテーマで企画された「2021 MBC歌謡大祭典」を進行した。2015年から2021年まで一年も欠かさず「MBC歌謡大祭典」のMCの座を守り注目を集めた。

スムーズな進行実力を誇ったユナは、ジュノ(2PM)とともにポップ歌手カミラ・カベロ(Camila Cabello)の「Senorita」に合わせてカップルダンスも披露した。

またユナはスペシャルステージ、1部、2部でそれぞれ異なる衣装を着て華やかなビジュアルをアピールし、視線をとりこにした。

ユナは「今回も一年の締めくくり、そして始まりを皆さんと一緒に過ごすことができてさらに意味深く幸せだった。2022年にもさまざまな活動で皆さんにアプローチしていく予定。いつも応援していただき、待っていてほしい」と新年のあいさつを伝えた。

ユナは動画プラットフォームTVING(ティビン)と韓国の劇場に同時上映されている映画「ハッピーニューイヤー」に、ホテル「エムロス」のモーニングコール担当職員“スヨン”役で出演した。ことしはtvN新ドラマ「ビッグマウス」、映画「共助2:インターナショナル」や「2時のデート」などで活動を続ける。