SMエンタテインメント(以下、SM)の新プロジェクトユニット「GOT the beat」が強烈なエネルギーを届けた。

1日午後1時から公式YouTubeチャンネルなどを通じて「SMTOWN LIVE 2022 : SMCU EXPRESS@KWANGYA」が開催された。

ユニット「GOT the beat」のステージは断然目を引いた。「GOT the beat」はSM所属の女性アーティストたちがテーマ別に新しい組み合わせのユニットを披露するプロジェクト“Girls On Top(GOT)”の第一弾ユニットで、歌手のBoAをはじめに「少女時代」のテヨンとヒョヨン、「Red Velvet」のスルギとウェンディ、「aespa」のカリナとウィンターの7人のメンバーで構成されている。

「GOT the beat」は新曲「Step Back」に合わせてパワフルなパフォーマンスを披露した。BoAを中心に揺るぎない群舞を披露した彼女たちは、“パフォーマンスのプロ”らしいステージを飾った。特に実力派アーティストであることを証明するかのように、伸びのある高音やラッピングも印象的だ。

「Step Back」は恋人との愛においてプライドの高い女性の姿をストレートな表現で盛り込んだ。メンバーたちの個性的なボーカルとしっかりした歌唱力が際立つ「Step Back」は今月3日午後6時に音源が公開される。

一方、「SMTOWN LIVE 2022 : SMCU EXPRESS@KWANGYA」は“KWANGYA(荒野)”という仮想の空間にすべてのアーティストが集まる「SMCU EXPRESS STATION」を背景に、SMが追及する公演コンテンツを集大成した。

今回の公演にはKANGTA(カンタ)、BoA、「東方神起」、「SUPER JUNIOR」、「少女時代」のテヨンとヒョヨン、「SHINee」のオンユとキーとミンホ、「EXO」のKAI、「Red Velvet」、「NCT U」、「NCT 127」、「NCT DREAM」,「WayV」、「aespa」、Raiden、GINJO、IMLAYなどが出演した。