<「王女ピョンガン〜月が浮かぶ川〜」OST、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「王女ピョンガン〜月が浮かぶ川〜」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、子役から活躍し現在も時代劇などで活躍しているキム・ソヒョンと、「輝くか、狂うか」のナ・インウがタッグを組んだ。
舞台は三国時代の高句麗(コグリョ)。王女として生まれたピョンガンだが、権力争いに巻き込まれ宮殿を追われる。そしてある青年と出会うところから物語が始まる。

今日の1曲はカン・テグァンが歌う「月の涙」。ドラマのタイトルから影響を受けた歌詞になっていて、それぞれが月と川に例えられた1曲。

<歌詞の解説>

「薄暗い空に 月が浮かぶ あなたも見ていますか 日々熟していく情は 涙も深まる あなたを愛して 恐れなく抱いた記憶に この胸が切り裂かれても」最初の歌詞から月はオン・ダルとして歌詞が書かれているようだ。

※サビ「切ない私の愛おしい人 あるのは愛だけだから 知っていますか 知っているのですか あの月は この私の心 恋しいあなた 丸いあの月が傾いても この心を満たして かわりにあの場所へ歩いていく」サビでは愛しい人へ愛を伝えるストレートな歌詞がちりばめられている。

「愛するあなた 愛しすぎて この体 この心が あなたのために壊れてしまっても」すべてをかけた愛であることが伝わる。

※サビのりピート

「私の愛しい人よ どうか覚えていてほしい」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「切ない私の愛おしい人 雲に隠れて月が見えなくても きっとちがう そうじゃない あなたを忘れたりはしない 恋しいあなた 月光が輝き照らす その息遣い その香りはそのままで ずっと輝き続ける 永遠に 忘れられないあなたよ」ドラマのタイトルや、役名、歌の歌詞まで全て繋がっているためドラマ曲として浸透しているようだ。

歌手カン・テグァン(本名:同じ)は、1990年生まれ。2020年にデビューしたソロシンガー。国学演奏者であり、演歌歌手である。演歌歌手のソン・ガインは大学の先輩にあたる。
「王女ピョンガン〜月が浮かぶ川」で初めてOSTを担当した。今後が期待される若手演歌歌手の1人で、穏やかで優しい歌声が特徴。

<ネットユーザーの反応>

「キム・ソヒョンは若いけど実力派」
「歴史ドラマはいつもOSTがいい」
「このドラマはキャスティングもよかった」
「この曲は時代劇っぽい」
「演歌歌手が歌ってたのは知らなかった」

「王女ピョンガン〜月が浮かぶ川〜」ではキム・ソヒョンと、ナ・インウの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。