韓国の女性グループ「BLACK PINK(ブラックピンク)」のメンバー、LISAが、米ラジオでK-POP女性アーティストの新記録を打ち立てた。LISAの初ソロアルバム収録曲「MONEY」が、3日(現地時間)に発表された米ビルボードのPop Airplay Chartで、35位にランクインした。

 「MONEY」は昨年9月、音源が発表されてから約3か月後には、該当チャートのトップ40に初ランクインし、その後は継続して上昇の勢いに乗っている。特に、3週連続チャートイン記録は、K-POP女性アーティストとしては初めての快挙だ。

 Pop Airplay Chartは、米国内約160の主なラジオ放送局の週間放送回数を集計して、順位を付ける。伝統的な方式の現地メディアを対象にするだけに、非英語圏の歌手にはランクインすること自体、高い壁だ。

 米の経済専門紙フォーブスもやはりこれに注目し、「LISAは、歴代最も成功的な歴史を記録したK-POP女性ソロアーティストだ」と功績を称えた。「MONEY」は、米のiHeartRadioの「Most Requested Live」リスナーらが、2021年の1年間で一番多くリクエストした曲1位に輝いたりもした。

 所属事務所YGエンターテインメントは、「そうそうたるポップスターの上半期ヒット曲をすべて抜き、たった3か月で引き出した成果である点を思い出させれば、意味ある目標の中の一つ」とし、「『BLACK PINK』のだけでなく、メンバーひとりひとりの主流ポップ市場内の存在感が、硬い基盤を固めたことを証明した」と意味を付けくわえた。

 LISAは、昨年9月10日に発売したソロアルバム「LALISA」で、主なグローバルチャートを掌握して人気を集めた。アルバムと同名のタイトル曲「LALISA」は、発売初週ビルボード・ホット100で84位を記録しただけでなく、合計72か国のiTunesトップソングチャートやグローバルYouTubeソングトップ100で2週連続1位を席巻した。また「MONEY」は、ビルボードのホット100で93位を記録して以降、逆走して人気を集めて、Spotifyグローバルチャートで5位、英オフィシャルシングルトップ100と米ビルボードホット100でそれぞれ8週、2週連続チャートインに成功するなど、すさまじい底力を発揮した。