歌手のヒョナ(HyunA)とDAWN(イドン)の楽曲「PING PONG」が依然として熱い人気を続けている。

昨年9月に公開されたヒョナ&DAWNの初EP「1+1=1」のタイトル曲「PING PONG」のMVは約4か月ぶりとなる今月4日基準でYouTubeでの再生回数が6千万回を突破した。

「PING PONG」のMVは公開10日足らずで1千万回を記録したのに続き、地道に上昇傾向を描いている。特に5千万回から6千万回まで一か月もかからず、ヒョナ&DAWNの冷めない人気を証明している。

ヒョナ&DAWNの初デュエット活動曲である「PING PONG」は恋に陥った恋人の姿をキュートで個性的な歌詞で表現したムーンバートンのダンスジャンルの楽曲。ヒョナとDAWNが共同で作詞・作曲に参加し、自分たちのカラーを鮮明に表現した。

「PING PONG」のMVはヒョナ&DAWNの華やかでキッチュなビジュアルと息の合ったパフォーマンスを盛り込んだ。人魚姫やピーターパンに扮したヒョナ&DAWNの幻想的なケミストリーが、グローバルなファンたちの注目を集めている。

ポイントの振り付けを取り入れたチャレンジダンスも各種SNS上で変わらずに人気をけん引している。