「気象庁の人々: 社内恋愛残酷史編」が、新年を迎えて恋愛細胞を熱くするティーザー映像2本を公開した。パク・ミニョンとソン・ガンの胸のときめきは、ロマンスが最初に予報され、期待感を刺激する。

 JTBCの新土日ドラマ「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」は、熱帯夜より熱く、気象庁の人々の仕事や愛を描いた職場ロマンスドラマ。本日(5日)、パク・ミニョンとソン・ガンのツーショットが、初めて公開された2本のティーザー映像は、ロマンスの女神とロマンス演技が人気を集める俳優のシナジーを如実に立証している。2人が一つのフレームに収まっているだけでも、ロマンチックな強風が吹き荒れると期待を集めるからだ。

 総括予報官「チン・ハギョン」(パク・ミニョン扮)と、特報担当「イ・シウ」(ソン・ガン)は気象庁の人々だ。最初の映像は、気象庁の状況室で勤務中の2人の職場内の「モーメント」が収められた。ところが、シウがハギョンの手を慎重につかみ、2人の目が合う。愛らしい視線を交わすだけでも、社内恋愛のシグナルが共有されたようだ。

 続く2つ目の映像では、ハギョンとシウが気象庁を離れて、夜の街を歩いている。後ろを歩く彼を意識し、前を歩くハギョンの口元には、隠しきれないときめきの笑顔がもれ出て、一歩後ろを歩くシウは、彼女の後ろ姿を愛らしく見つめる。いつもと変わらず平凡だったかもしれないある夜、2人が一歩前に進むたびに、ロマンチックなムードが増幅される。

 日常と最も密接に接していて、人々が敏感に反応する天気は常に変化し、変数も多い。これにより、気象庁の人々はいつもあくせく働く。そこで予測できない天気を介して出会ったハギョンとシウのロマンスも残酷なことになるのか、ハッピーエンドなのか予測が不可能だ。だが、ティーザー映像だけ見ると、ただ目が合っただけでも胸がときめく、ハギョンとシウのドキドキした感情がそのまま伝わってくる。パク・ミニョンとソン・ガンの完全無欠のロマンチックなビジュアルまで加わると、冬眠していた恋愛細胞が、2月までの準備運動を繰り広げるものと見られる。

 制作スタッフは、「韓国で初めて気象庁を素材とした興味深い物語に加えて、気象庁の人々のロマンスがこの作品のもう一つの軸となる。そしてその中心にパク・ミニョンとソン・ガンがいる。何のセリフもなく2人の俳優の視線と笑顔だけでも、その雰囲気を十分推測できる今回のティーザー映像は、完璧にときめくケミストリーを込めた。視聴者の皆さんの多くの期待をお願いします」と伝えた。

 「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」は、「椿の花咲く頃」のチャ・ヨンフン監督と「夫婦の世界」、「ミスティ」など話題作を誕生させたカン・ウンギョンとクルLine所属の脚本家ソニョンがタッグを組み、信じて見てもよい作品の誕生を期待させる。2月にJTBCで初放送される。