グローバルな人気を得ているチョン・ホヨンが“アジア人初の単独”でVOGUE US 2月号のカバーを飾った。

 チョン・ホヨンの演技デビュー作品であるNetflixシリーズ「イカゲーム」がNetflix史上最高のヒット作となり、世界的なシンドロームを巻き起こしている中、チョン・ホヨンがアジア人初の単独で、VOGUE USのカバーを飾り注目を集めている。特に、これは米VOGUE創刊130年の歴史上、単独でカバーを飾った初の韓国人という点でさらに意味深い。

 LAで撮影された今回のVOGUE US画報でチョン・ホヨンは余裕を持ってカメラを見つめながら、彼女らしい存在感を示している。揺るぎないまなざしと表情、節制されたポーズでもドラマチックなムードを漂わせ、見る者の目を離さないようにしている。さらに、チョン・ホヨンの深いまなざしと全身から発せられるカリスマは、華麗な衣装と背景にもこれといった装置もなく視線を自分に集中させて、“グローバルスター”となったチョン・ホヨンのカリスマ性をうかがわせる。

 チョン・ホヨンはVOGUE USとのインタビューを通じて、「イカゲーム」が終わった後、忙しく過ごした日々を率直に打ち明けた。チョン・ホヨンはドラマ「イカゲーム」が公開された当時を回想し、「1か月で私の人生はすべて変わった」と口を開いた。続けて、「イカゲーム」シンドローム以降、「英語を学んで姿勢や声を訓練し、芸術と映画を通じて世界観を広げるなど、熱心に働いた」と付け加えた。

 このようなチョン・ホヨンの言葉にVOGUE US側は「チョン・ホヨンを描写する単語が1つあるなら、まさに『熱心』だ。一生懸命働いて、すべてに心血を注ぐ。爆発したように感じるほどだ」とし、人気が急上昇しているにもかかわらず、着実に自分の役割を果たしているチョン・ホヨンを説明した。

 一方、“アジア人初の単独”でVOGUE USのカバーを飾ったチョン・ホヨンの特別な画報と女優としての率直なストーリーを収録したインタビューはVOGUE US 2月号で確認できる。