俳優チョ・ウジンがメディアの好評を得ている映画「キングメーカー」に、野党の選挙戦略家”イ室長”役で出演する。

様々なジャンルの作品に出演し、感覚的なキャラクター解釈で無限の演技力を披露する俳優チョ・ウジンが映画「キングメーカー」にチャレンジする。映画「キングメーカー」は、世界を変えるために選挙に挑戦する政治家キム・ウンボム(ソル・ギョング扮)と、存在も名前も隠された選挙戦略家ソ・チャンデ(イ・ソンギュン扮)が、激しい選挙戦に飛び込んで始まるドラマを描いた作品だ。

チョ・ウジンは、映画「盗掘(2020)」「国家が破産する日(2018)」「インサイダーズ/内部者たち(2015)」、ドラマ「ハピネス(2021)」「ミスター・サンシャイン(2018)」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜(2016)」などに出演し独特の存在感で大衆を引き付け、限界のない演技力を披露してきた。さらに初の単独主演作「HARD HIT(発信制限)(2021)」では興業の底力まで見せた。今回、チョ・ウジンは「キングメーカー」で大統領のために働く与党の選挙戦略家イ室長に扮する。

彼はキム・ウンボムの選挙戦略家ソ・チャンデと真っ向から対立し、ソ・チャンデに劣らず卓越した戦略を繰り広げる与党の"イ室長"を表現するために、他とは違う個性を加えた。猛獣があふれるジャングルのような選挙で、唯一空気が違うイ室長を、鋭敏な蛇のようなイメージで表現し、これまでにない全く新しいキャラクターに作り上げた。セリフのイントネーションや強弱も繊細に表現し、相手の心理に巧みに入り込んでいくイ室長のキャラクターを強化した。チョ・ウジンと共演したイ・ソンギュンは「これまで最も気になっていた俳優だ。イ室長というキャラクターを、台本にあるよりも立体的に作り上げていくのを見て本当にすごいと思った」と感心し、期待感を加える。このように驚異的な熱演を繰り広げたチョ・ウジンのイ室長は、劇中、緊張感を倍加させ、観客に強烈な印象を残すだろう。

限界のない演技力で新しいキャラクターを生み出したチョ・ウジンの熱演を確認できる映画「キングメーカー」は来る26日に公開される。