韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が、米国でのデジタル音源販売で2年連続1位となった。

 6日(現地時間)、米ビルボードとMRCデータが公開した「2021年米音楽市場年間報告書」によると、「BTS」のヒット曲「Butter」の昨年のダウンロード数は約188万9000件で、「デジタルソングセールス」部門1位を記録した。2位は、ウォーカー・ヘイズ(Walker Hayes)の「Fancy Like」(49万9000件)だった。

 昨年5月にリリースした「BTS」の「Butter」は、米ビルボードのメインシングルチャート「HOT 100」で通算10週1位を獲得、大記録を打ち立てた。

 昨年、米国で100万件以上のダウンロードを記録した音源は「Butter」のみ。「BTS」は2020年「Dynamite」(126万件)に続き、2年連続で”100万件ダウンロード”の記録を達成した。

 このほか「Permission to Dance」(40万4000件)が3位、「Dynamite」(30万8000件)が6位、英ロックバンド「Coldplay」とのコラボレーション曲「My Universe」(28万7000件)が7位にランクインした。