ボーイズグループ「SEVENTEEN」と「BTS(防弾少年団)」が「ゴールデンディスク賞」のアルバム部門の本賞を受賞した。

「SEVENTEEN」と「BTS」は8日、ソウル・コチョク(高尺)スカイドームで開かれた「第36回ゴールデンディスク賞」でアルバム部門の本賞受賞者に呼ばれた。

「SEVENTEEN」は「年初から賞をいただきうれしい」とし、「今年一年もステキな音楽とアルバムを作る『SEVENTEEN』になる」と明らかにした。さらに「今年一年もCARAT(ファンクラブ名)たちが幸せでいてほしい」と付け加えた。同日「BTS」は残念ながらも授賞式に出席できなかった。

ソン・シギョン、イ・ダヒ、イ・スンギが進行を務める「第36回ゴールデンディスク賞」は同日、JTBC、JTBC2、JTBC4で放送され、動画サービスseeznのアプリやPCウェブページでオンライン韓国国内独占中継。今回の授賞式にはイム・ヨンウン、IU(アイユー)、「aespa」、「SEVENTEEN」、「Big Mama」などが出演し、プレゼンターにチョン・ウソン、チュ・ジフン、ク・ギョファン、オ・ジョンセ、パク・ヒスンなどが出席した。