歌手ホン・ウンギが新曲ティーザー映像で、カムバックへの期待感を最高潮に引き上げた。

ホン・ウンギは10日午後6時、5thシングル「ある心」をリリース。それに先駆け、9日公式SNSを通じて、ダンスバージョンティーザー映像を公開した。

公開されたティーザー映像には、ナチュラルな衣装で新曲「ある心」にぴったりな美しい現代舞踊を披露するホン・ウンギの姿が収められている。

映像の序盤、甘い旋律に合わせてソフトなムービングを披露したホン・ウンギは曲の最後に近づくほど、ダイナミックでありながらも繊細なパフォーマンスで、曲が持つ感情線を表現し、見る人を感嘆させている。

ホン・ウンギのカムバックは昨年1月の「ON&ON」以来、1年ぶり。新曲「ある心」は、大切な人がそばで大変なとき、何もしてあげることができず、元気を出してという言葉さえ、重荷になりそうな瞬間、「表現が苦手な僕だけれど、あなたの慰めになるのなら喜んで送りたい」という気持ちを込めたバラードで、ホン・ウンギが直接作詞に携わり、完成度を高めた。

ホン・ウンギは2017年7人組ボーイズグループ「RAINZ」としてデビュー。2020年初のミニアルバム「UNDEFINABLE:LOVE」で独り立ちし、ソロ歌手としての力量を表した。そして、最近ではJTBC「シングアゲイン2」に19号として出演し、世間に存在感を印象付けた。

ホン・ウンギの5thシングル「ある心」は10日午後6時、各種音源サイトで公開される。