韓国ボーイズグループ「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」の2ndフルアルバム「混沌(こんとん)の章:FREEZE」が2021年の1年間、米国で最も多く販売されたK-POPアルバムとなった。

 9日(現地時間)、ForbesがMRCデータをもとに掲載した記事によると、「TXT」が昨年5月に発売した2ndフルアルバム「混沌の章:FREEZE」は21万5千枚の販売量で、2021年米国で5番目に多く販売されたアルバムと記録された。米国で販売されたアルバムの中では最多販売量で、「TXT」の北米内の強い影響力を立証している。

 Forbesは「TXTはMRCデータが発表した報告書に初めて名を連ねた。これは彼らが米国市場に本当に定着したという事実を示している」と分析した。

 「TXT」は2ndフルアルバム「混沌の章:FREEZE」とリパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」で各種グローバルチャートで注目すべき成果をあげ、海外メディアの好評の中で名実ともに「2021年K-POP名盤」として認められた。「混沌の章:FREEZE」は英国の音楽マガジンNMEから、「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」は米国を代表する音楽雑誌ローリング・ストーンからそれぞれ「ことしのベストアルバムTOP50」にK-POPアーティストのアルバムとしては唯一名を連ねている。

 また、「TXT」は米ビルボードが発表した2021年年末決算チャート(YEAR-END CHARTS)でメインアルバムチャート「ビルボード200」を含め、計7部門に入った。「ビルボード200」に名を連ねたK-POP男性アーティストは「BTS(防弾少年団)」を除いて、「TXT」が唯一だ。