韓国のテレビ局JTBCが2022年のドラマラインナップを公開した。

2022年初の水木ドラマには「三十、九」が放送される。40歳を目前にした3人の友人の友情や愛、人生に対する深みのある物語を扱う現実ヒューマンロマンスドラマで、ソン・イェジン、チョン・ミド、キム・ジヒョンが出演する。「ボーイフレンド」を執筆したユ・ヨンア作家と、「それでも僕らは走り続ける」を演出したキム・サンホ監督が意気投合し、共感深いストーリーと幻想的なウォメンス(Woman+Romance)を描き出す予定。2月に初回放送を控えている。

熱帯夜より熱く、局地的豪雨よりも予想できない気象庁の人々の仕事と愛を描いた職場ロマンスドラマ「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」は土日ドラマで視聴者たちを訪ねる。“ロコクィーン女優”パク・ミニョンと旬の俳優ソン・ガンが“会社員”に変身し、気象庁という空間を背景に、2人のロマンスが描かれる。「夫婦の世界」や「ミスティ〜愛の真実〜」などのカン・ウンギョンクリエーターと、「クルLine」所属のソニョン作家が脚本を執筆し、「椿の花咲く頃」のチャ・ヨンフン監督が演出を務める。

俳優のカン・ハヌルとイ・ユヨンの出演で話題を集める「インサイダー」は上半期のドラマラインナップに名を連ねた。「ミッシング〜彼らがいた〜」などを演出したミン・ヨンホン監督と、「プリースト〜君のために〜」などを執筆したムン・マンセ作家の作品で、潜入捜査中の奈落に落ちた司法研修生が奪われた運命を取り戻すために死闘を繰り広げるアクションサスペンス。俳優のカン・ハヌルとイ・ユヨンがそれぞれ人生が根こそぎ覆された司法研修生と陰の事業家に扮し、再び人生を代表するキャラクターを更新する予定。

「私の解放日誌」も上半期に視聴者を訪ねる。映画「朝鮮名探偵」シリーズ、ドラマ「まぶしくて ー私たちの輝く時間ー」や「ロースクール」などを演出したキム・ソクユン監督と、「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」や「また!? オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来」のパク・ヘヨン作家の出会いですでに視聴者たちの“人生作品”の更新を予約した。ここに俳優イ・ミンギ、キム・ジウォン、ソン・ソック、イ・エルが出演し、耐えられないほどに泥臭い三兄妹の耐えられないほどに愛らしい幸せの蘇生記が視聴者たちに特別な共感を届ける予定。

「グリーンマザーズクラブ」も2022年に放送される。「グリーンマザーズクラブ」は、“緑の母の会”に代表される小学校コミュニティの素の顔と、町内の父兄たちの危険な関係網を描くドラマ。子どもの母親とだけ思っていた隣の母親たちの虚をつく秘密が明るみになりながら、成人になり出会った大人たちの本物の友情とは何なのかということについて考えさせると同時に、女性たちのウォメンスを披露する。イ・ヨウォンやチュ・ジャヒョンなどが出演し、卓越した演技力で武装した“俳優タッグ”でウェルメイドドラマの誕生を予告している。

株式戦争に飛び込んだ証券街の用役美化員3人組の欲望の疾走を描いた「クリーニング業」も目を引く。希望より絶望が慣れた貧しい人生に訪れた危険な機会、株式で人生逆転を夢見る人々の欲望とそれらの物語を扱う。女優ヨム・ジョンアやチョン・ソミン、キム・ジェファの新しい演技変身と俳優たちのタッグが期待を集めている。

俳優ソン・ジュンギやイ・ソンミン、シン・ヒョンビンが出演を確定させた「財閥家の末息子」も2022年のJTBC最大の期待作のうちのひとつ。「財閥家の末息子」は財閥総帥一家のオーナーリスクを管理する秘書が財閥家の末息子として回帰し、人生の第2ラウンドを生きるファンタジー物。「サバイバー: 60日間の大統領」、「ビューティフル・マインド〜愛が起こした奇跡〜」、「トキメキ☆成均館スキャンダル」のキム・テヒ作家と新鋭チャン・ウンジェ作家が執筆を、「W-君と僕の世界-」、「彼女はキレイだった」、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」のチョン・デユンが演出を務める。

この他にも「模範タクシー シーズン2」、「悪いママ」、「The Empire:法の帝国」も2022年の視聴者を訪ねる。