歌手イム・ヨンウンが12日午前0時基準、第31回ハイワンソウル歌謡大賞4つの部門のファン投票で、1位を記録中だ。

大衆歌謡の活性化のために1990年に初めて開催され、今年で31回目を迎えるハイワンソウル歌謡大賞のファン投票の締め切りが、D-4(残り4日)で進行中だ。

自身が支持するアーティストに受賞の栄光を与えたいと、ファンたちの熱心な投票が行われている。

ファン投票の結果は本賞と新人賞各部門賞(全世界モバイル投票30%)、人気賞(韓国国内モバイル投票100%)、韓流特別賞(海外モバイル投票100%)に反映される。

特に昨年開かれた第30回授賞式では、2冠王(人気賞、トロット賞)を受賞したイム・ヨンウンのファンの投票が注目を集める。12日午前0時基準、イム・ヨンウンは本賞、人気賞、トロット賞、OST賞など4つの部門で、ファン投票1位を記録中だ。

本賞部門でイム・ヨンウンは「星明りのような僕の愛しい人」で、2位である「Stray Kids」の「NOEASY」を大きく引き離し1位を走っている。OST賞部門ではさらに圧倒的だ。イム・ヨンウンの「愛はいつも逃げていく(紳士とお嬢さん)」で、全体の投票の77%を記録している。

人気賞部門でもイム・ヨンウンの「星明りのような僕の愛しい人」が全体の61%を記録し、1位を走っている。最後にトロット部門も同様に全体の53%を占め、1位を記録している。

ファン投票がこのまま締め切りを迎えると、イム・ヨンウンは昨年2冠王に続き、今年は4冠王となる。ファン投票は「U+アイドルLiveベストアーティスト賞」を除き、16日まで行われる。

ファン投票100%を反映し受賞者が決定する「U+アイドルLiveベストアーティスト賞」は、「BTS」が最大の得票率を記録し、受賞者として決定した。

「U+アイドルLiveベストアーティスト賞」は昨年12月6日から26日までの1次投票で候補を選定し、12月30日から1月10日までファン投票を行った結果、2次投票で「BTS」が全体の38%、イム・ヨンウンが全体の36%を記録し、受賞者として確定した。

一方、2021年歌謡界の総決算となる「第31回ハイワンソウル歌謡大賞」は、キム・ソンジュ、Boom、ソリョン(AOA)がMCを担い、来たる1月23日に行われる。